動画性能が大幅進化!バリアングルモニターも搭載したソニー「α7S III」

動画性能が大幅進化!バリアングルモニターも搭載したソニー「α7S III」

動画性能が大幅進化!バリアングルモニターも搭載したソニー「α7S III」の画像

ソニーよりフルサイズミラーレス一眼の新機種「α7S III」(ソニーストア価格:40万9000円/税別)が発表されました。「α7S」シリーズの特徴である暗所に強い高感度性能がさらに進化するとともに、4K120p動画への対応、AF性能の向上、動画専用手ブレ補正搭載など、動画性能が飛躍的に進化しています。

「α7S III」に搭載されるのは、新開発の1210万画素裏面照射型CMOSイメージセンサー“Exmor R(エクスモアアール)”。静止画撮影を考えると1210万画素は高い画素数とはいえませんが、その分、余裕のあるセンサー設計により、高いISO感度での撮影が得意なモデルとなっています。

静止画・動画ともに常用ISO感度は80〜102400となっており、暗所や夜間、または暗いレンズでも十分なシャッタースピードを確保できたり、低ノイズでの撮影が可能。前モデルとの比較では1段分の画質向上を実現しています。さらに拡張ISO感度として最高409600での撮影にも対応。明かりがほとんどないような状況でも撮影ができるので、新たなアイデアでの作品作りにチャレンジできそう。

この高感度を活かしつつ、新たに4K120fpsによるハイフレームレートの撮影にも対応。4K高画質による滑らかなスローモーションなど表現の幅がアップ。新たに4:2:2 10bitのサンプリングにも対応したので、撮影後のレタッチも従来以上に緻密な調整が可能です。

フォーカス性能では、α7Sシリーズでは初となる像面位相差AFシステムを搭載。高いフォーカス精度と追随性を持ち、AIを活用しての、リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキングにも対応。静止画、動画問わず、動いている被写体のピント合わせが容易に。

さらに、動画専用の光学式5軸ボディ内手ブレ補正アクティブモードをαシリーズでは初搭載。歩きながらの手持ち撮影でもブレの少ない動画を撮影可能です。

使い勝手に大きく関わる変更としては、ソニーのミラーレスとしては初搭載となった、バリアングル液晶の採用。チルト式よりもさらに柔軟にあらゆる角度でモニターの向きを変えられ、この点でもやはり動画撮影が主な用途の人には嬉しい変更点。

暗闇でも自在な表現を可能にする高感度性能と、ワンパーソンオペレーションでの動画撮影もこなす高い機能性と拡張性。高画素機とは逆を行く明確なコンセプトがクリエイターの創作意欲をくすぐることでしょう。発売は10月9日予定となっています。

>>ソニー「α7S III」

<文/&GP>

 

【関連記事】

関連記事(外部サイト)