予備マスクもエコバッグも入れられるミニ財布って今にピッタリ!

予備マスクもエコバッグも入れられるミニ財布って今にピッタリ!

予備マスクもエコバッグも入れられるミニ財布って今にピッタリ!の画像

近所のコンビニに買い物に行く際、ランチに出かける際などのプチ外出には、最低限の荷物を持ってサッと出掛けたいもの。最低限の荷物というと、スマホのほかには、少しのお金とカード、そして今やマスクやエコバッグも必須アイテムです。

そんな現代のニーズに応える新しいプロダクトが坂本ラヂヲの「ADD-NIS(アドニス)」。使用中のマスクや予備マスク、エコバッグを収納できるうえ、抗菌防臭デオドラント加工生地でそれらを常に清潔に保ってくれるという、新時代にぴったりのアイテムです。

「ADD-NIS」は、幅9.2×高さ12.5×厚み1.5cmというサイズのミニ財布。コイン約30枚、カード・紙幣合わせて約12枚を収納するほか、使用中のマスク1枚と予備マスク1〜2枚がそれぞれ入るポケットを搭載し、折り畳み時にコンパクトになる(幅7.5×高さ10.0×厚み1.2cm以内のサイズ)エコバッグを収納できます。

これなら、ランチを食べている間に外したマスクをしまっておくこともできるし、買い物の際に「あ!エコバッグ忘れた!」という事態も防げそうです。

しかも、ただ収納できるだけではありません。内装生地にユニチカファイバーの抗菌防臭デオドラント加工生地“BIOLINER(バイオライナー)”を採用しているのが大きな特徴。収納したマスクやエコバッグに付着した菌を抑制し、強力な悪臭を脱臭、清潔に保ってくれます。

さらにこのマスクポケットはスナップボタンで簡単に取り外せるので、汚れてしまったときにはポケットだけ洗うことも可能。外装には、タフで摩耗や引き裂きに強く、高い撥水性も備える高強度ナイロン「コーデュラ500」を使用しているので、傷や汚れを気にすることなく毎日使えます。

8月8日現在、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクト進行中。本体にカラビナフックが「あり/なし」のバージョンが選べ、2975円から支援を受け付けています。

また、エシカルブランド・MOTTERUの「ポケットスクエアバッグ」とのセット(4241円〜)も用意されています。コンビニ弁当やペットボトルが入るマチつきで、プリーツ加工によって簡単にカードサイズ相当まで折り畳んで「ADD-NIS」に収納できます。このミニ財布があれば、いつでも身軽でいられそうですね。

>>Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆カードサイズの本革ミニ財布で必要な分だけ持ち歩こう?
◆小さすぎず、大きすぎない、財布はこれくらいのサイズ感がちょうどいいんです?
◆現金派も納得の使い勝手!小銭とお札を分けられる本革ミニ財布?

関連記事(外部サイト)