寝転がっても使えるマッサージ機でテレワークの疲れをスッキリ解消

寝転がっても使えるマッサージ機でテレワークの疲れをスッキリ解消

寝転がっても使えるマッサージ機でテレワークの疲れをスッキリ解消の画像

思いがけず始まったテレワークもすっかり定着してきた感があるこの頃。少しずつ環境も整ってきた…という人も多いのでは。とはいえ、家庭用の椅子などに座りっぱなしで仕事を続けるのはなかなか体への負担は大きい。早めケアは大切です。

もし、つらい症状にダイレクトに効果を発揮し、手軽に使えて場所も取らないマッサージ機器があれば助かりますよね。「モンデール マッサージボード MB1」(2万2000円/税別)は、コンパクトながら、管理医療機器の認証を取得している新感覚のボード型マッサージ機器です。これなら、テレワーク中の休憩時にも使えそうです。

コンパクトだからといっても、機能性はばっちり。形状が異なる大小14個の3Dモミ玉を搭載し、スムーズな動きで背中のコリに直接的にアプローチします。

筋肉のコリをほぐし血行を促すことで疲労回復をサポート。骨格や筋肉の構造にしっかりとフィットし、マッサージ師のハンドケアを受けているような心地良い刺激で、硬くなった筋肉をもみほぐします。

スリムな形状で上部に取っ手が付いているなど、持ち運びのしやすさも魅力。椅子やソファ、壁などに立てかけて手軽にマッサージが可能です。またボードの上下を逆さにして使用すると、モミ玉の当たる位置が変わり、異なる刺激も。ボードへのもたれ具合で、マッサージの強弱を調整できます。

モードは「おまかせ」「左右同時もみ」「左右交互もみ」の3コース。ヒーター機能を使用すれば、じんわりと体が温まり血行を促すので、マッサージの効果もさらにアップ。床に置いて寝転んだ状態で使用すれば、より強めの刺激が得られるなど、使い方も自由自在です。

1回15分の使用で自動終了する “オートパワーオ フ機能” を搭載しているので、消し忘れの心配もありません。電気代は1日15分の使用で、1カ月わずか6円とお財布にも優しい。

サイズは、W400×D125×H620mm、重量約3.2kgとコンパクトかつ軽量。使わないときは、ベッドの下などに収納しておけるのでスペースを取りません。カーアダプターを使えば、車内での使用もOK。ドライブで疲れた時は、15分の休憩で心地よくリフレッシュしましょう(運転中の使用はNG!)。

場所を取らず、いつでも気軽にマッサージを楽しめる「モンデールマッサージボードMB1」で、疲れた身体をプチケアすれば、テレワークの効率も上がるかもしれませんよ。発売は9月1日です。

>> VERTEX「モンデール」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆肩が、首が、腰が…。そんな時にあるとうれしい電動マッサージ機5選?
◆クッション型のマッサージ機なら手軽に使えていいかも!?
◆本格マッサージ機が欲しい!でも置き場がない!これなら大丈夫ですよ?

関連記事(外部サイト)