機内持ち込みサイズじゃ入らない小型コインロッカーもOKなサイズって重要

機内持ち込みサイズじゃ入らない小型コインロッカーもOKなサイズって重要

機内持ち込みサイズじゃ入らない小型コインロッカーもOKなサイズって重要の画像

当分の間、海外旅行は難しい状況です。今は感染防止策をきちんと行った上での国内旅行になるかもしれません。そんな国内旅行に特化した新作スーツケースがPROTECA(プロテカ)の「360T(スリーシックスティ ティー) 21L」(5万7000円/税別)です。国内のほぼすべての小型コインロッカーに入るコンパクトサイズに設計され、収納部はタテにもヨコにも開く特殊構造になっているなど、使いやすい仕組みが満載です。

国内旅行では、駅を拠点とすることも多いですが、現在、駅や街に設置されている小型のコインロッカーのサイズは、だいたい横幅30cm〜40cm、奥行き55〜57cm前後。従来の機内持込みサイズのスーツケースは、小型ロッカーには対応していません。仕方なく大型コインロッカーに入れようと思っても、そもそも設置数が少ないため、全部使用中だったり、料金も割高だったりします。

そこで生まれたのが、PROTECAのコインロッカーサイズシリーズ。その特徴は、H45×W34×D20cmというサイズ。国内のほぼすべての小型ロッカーに入り、コンパクトなので移動の際にも邪魔になりません。

これだけコンパクトなサイズでありながら、「360T」は容量は21リットルと日帰りや小旅行に十分な収納力。バックパックやキャリーオンバッグなどを併用すれば、さらに長期の旅行にも対応しそうです。

また、注目したいのが、ファスナーの開け方によってタテにもヨコにも開くという「360°オープンシステム」という特殊な構造。家で荷物を詰め込む際にはヨコ開き、移動時に荷物を出し入れしたいときにはタテ開きと、便利に使い分けられます。

独自開発のキャスターはすべるように滑らかに走り、音も静か。手元のストッパースイッチで簡単にキャスターを固定できます。

シェルの成形から組み立てまですべて国内製造の、信頼できるMade in JAPANプロダクト。カラーはブラック、コズミックネイビー、ウォームグレー、マーメイドピンク、ピーコックブルーの5色展開で発売中です。

>> プロテカ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆34Lでたったの2.3kg!軽くて強いはスーツケースの理想形です?
◆指紋認証ロック付きスーツケースはギミック満載!?
◆あえて言おう、このキャリーケースはタフであると!

関連記事(外部サイト)