世界初の折り畳み傘を作った「クニルプス」史上最も軽くてコンパクト!

世界初の折り畳み傘を作った「クニルプス」史上最も軽くてコンパクト!

世界初の折り畳み傘を作った「クニルプス」史上最も軽くてコンパクト!の画像

突然の夕立や通り雨に備えて折り畳み傘をいつもカバンの中に忍ばせておきたい季節ですが、常に持ち歩くとなるとやはり軽さが重要ですよね。それなら、折り畳み傘を世界で初めて発明したドイツのブランド・Knirps(クニルプス)より新たにリリースされる「U.シリーズ」に注目です。

しっかりとしたつくりながらブランド史上最軽量の「US.050 Ultra Light Slim Manual」のほか、晴雨兼用で自動開閉モデルの「U.220 Ultra Light Duomatic Safety」などもラインナップしています。

1928年に折り畳み傘を発明し、1965年には自動開きの機能を備えた傘を発売するなど、90年以上にわたって革新的な傘を作り続けるドイツの傘ブランド・クニルプス。

そんな名門ブランドが新しく発表した「U.シリーズ」の「US.050 Ultra Light Slim Manual」(5500円)は、重さはわずか115gとブランドの折り畳み傘史上もっとも軽量なモデルです。フラット形状の収納フォルムで、収納時の長さは21cm。バッグに入れても邪魔にならず、コートのポケットにも入るコンパクトサイズなので、常に持ち歩いたり、旅行や出張などの携帯用として最適です。

ただ軽いだけでなく、ドイツブランドらしい質実剛健さも持ち合わせています。クニルプスのすべての折り畳み傘と同様に、シャフト部分は、傘を開いたときに力が集中する先端にいくほど太く、ハンドルに近くなるにつれて細くなるつくりによって、高い耐久性を実現。

また、複数のパーツをつなぐジョイントリベットには、酸化による黒ずみやサビの発生を抑え、耐久力に優れたステンレススチール製を採用しています。すべて、自社で研究開発し、自社の機械で製作するパーツのみを使用した、信頼できるプロダクトです。

また、傘生地にUVカットコーティングを施した晴雨兼用モデル「U.220 Ultra Light Duomatic Safety」(7150円)もリリース。ワンタッチで開閉できるテクノロジーを備えながら、自動開閉モデルとしては超軽量の210gを実現しています。また、日本の安全基準に対応した段階的に閉じる伸縮シャフトを搭載しているので、安全に使用できます。

両モデルとも世界で名高いレッド・ドット・デザイン賞 プロダクトデザイン 2020を受賞。カラーはブラックとネイビーの2色をラインナップしています。

超軽量でスリム&コンパクト、そしてタフな折り畳み傘を探している人は、この2モデルを要チェックです。

>> Knirps?

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆なるべく水滴ポタポタは小さく!畳める長傘カバーで防止しよう!?
傘ってあんまり進化しないよね、と思ったら光った!?
◆軽いのに強度もばっちり!さすがモンベルの折りたたみ傘?

関連記事(外部サイト)