この“ちまっと感”がなんかイイ!ソロキャンならこれ1台で十分かも

この“ちまっと感”がなんかイイ!ソロキャンならこれ1台で十分かも

この“ちまっと感”がなんかイイ!ソロキャンならこれ1台で十分かもの画像

LOGOSから、なんともかわいいミニグリル「ミニミニKAMADO」(2900円/税別)が登場しました。手のひらに乗るほどのマイクロサイズながら、直火調理から焚き火までマルチに活躍。さらに収納時には8.6cm角までコンパクトに! 1台あればいつでも気軽にキャンプ気分が味わえちゃいますよ。

本体サイズは、幅8.6×奥行き14.5×高さ8.9cm。文庫本1冊分のスペースがあれば設置可能な手のひらサイズのミニグリルです。約230gの軽さながらゴトクやロストル、焼き網など一式がセットされ、これひとつでいつでもどこでもキャンプ気分が味わえるのです。

パーツには耐久性に優れたステンレスを採用。付属の網を使えばBBQもできるし、ゴトクを使えばケトルやクッカーを載せての調理も可能。また、ゴトクを外せば直火での串焼き調理も楽しめます。食事のあとは集めた小枝や使用済みの割り箸を使って、ミニ焚き火を楽しむのもいいですね。

燃料には細かくした薪や炭などが使用できますが、特にオススメなのが、同じくLOGOSの「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」(620円/税別)との組み合わせです。「エコココロゴス」とは、着火剤としても使えるヤシガラ原料の成型炭で、すぐに火がつく使い勝手の良さと、燃焼時間30〜45分(ミニラウンドストーブの場合)という火持ちの良さで人気を集める固形燃料。

「ミニミニKAMADO」は、この「エコココロゴス・ミニラウンドストーブ」の使用にちょうどいいサイズに設計されているため、一緒に持っていくのにはまさにうってつけ。折り畳めば幅8.6×奥行き8.6×厚さ2.5cmまでコンパクトになるから、装備の限られたソロキャンプやツーリングキャンプ、トレッキングには好適です。

安全面を考えると卓上での使用はおすすめできませんが、アイアン製のロースタンドなどの上に乗せて揺らぐ火を傍らにくつろぐのも気持ちよさそうですね。

>> LOGOS「ミニミニKAMADO(ミニラウンドストーブ対応)」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆コンパクトで風防付き!こういうグリルって地味に活躍してくれます?
◆普通のBBQだけじゃなくローストビーフだって作れる!しかもコンパクトだぞ!?
◆焼く・煮る・蒸すができたらアウトドア料理の幅が広がる!?

関連記事(外部サイト)