高性能ノイキャンに、ソニーらしいハイレゾ並の音質を実現!

高性能ノイキャンに、ソニーらしいハイレゾ並の音質を実現!

高性能ノイキャンに、ソニーらしいハイレゾ並の音質を実現!の画像

ノイズキャンセリング機能といえば、外の雑音をキャッチして、その雑音と逆位相の波を発生させて打ち消すことで、騒がしい場所でも音楽に集中できる機能です。その上でハイレゾ並の高解像度の音楽を聴けるのなら、場所を問わず、どこでも最高の音楽を楽しめるようになります。

ハイレゾにこだわり続けるソニーから9月4日発売予定のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」(市場想定価格:4万4000円前後)は要注目です。AI技術を駆使することで、通常の音楽をハイレゾ並の高音質へアップスケーリングできたり、状況やユーザーの好みに合わせてリスニング環境を最適化できたりと、便利なノイキャン機能付きワイヤレスヘッドホンです。

まず、大きな特徴として挙げられるのは、アルゴリズムの進化により業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したことです。

ヘッドホンの内外に配置したふたつのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」と、高い信号処理応力を有するソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載。加えて、高性能に進化した「Bluetooth オーディオ SoC」と「QN1」との連係により、ノイズキャンセリング性能のアルゴリズムが進化。毎秒700回以上センシングし、そのときの音響環境にあわせて、リアルタイムでノイズキャンセリング処理を行ってくれます。

従来機種に比べて、人の声などの中高音のノイズをより効果的に低減するため、飛行機内などの低音のノイズが多い環境はもちろん、街中やカフェなどでもより静かに音楽に浸れます。

また、さまざまな音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする「DSEE HX」にAIを搭載した「DSEE Extreme」に対応しているのも見逃せません。

ソニーミュージックスタジオ東京の協力のもと、さまざまなジャンルの楽曲で深層学習を施されたAI技術が、再生中の曲のタイプを自動で判別することで、打楽器や人の声までも、これまで以上にハイレゾ相当に近づけるようになりました。さらに、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能などを自動で最適化するスマート機能も強化しています。

注目の新機能は、ヘッドホンを外さずに会話ができる「スピーク・トゥ・チャット(Speak to Chat)」。装着中にヘッドホンがユーザーの発した声のみを認識して音楽を一時停止し、外音取り込み機能に切り替えて会話ができます。

使用シーンにあわせてノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」は、新たにAIがユーザーの頻繁に訪れる場所を認識できるように進化し、場所ごとに最適な設定が可能となっています。加えて装着検出機能により、ヘッドホンの付け外しで自動的に音楽を再生・一時停止が可能です。

その他にも、高音質なハンズフリー通話を可能にしたり、バッテリー性能や装着感の快適さも進化させています。カラーバリエーションはプラチナシルバーとブラックの2色展開です。

ソニーらしい高い技術力が詰まった、ノイキャンワイヤレスヘッドホンで、ハイレゾ並の高音質を体験してみてはいかが?

>> Sony「WH-1000XM4」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ヘッドホンの域を超えた音体験を実現する「EXOFIELD」とは??

関連記事(外部サイト)