地上1万mから海抜-300mまで測れるってすごくない?

地上1万mから海抜-300mまで測れるってすごくない?

地上1万mから海抜-300mまで測れるってすごくない?の画像

シチズンより地上1万mから海抜-300mまで計測可能なアナログ高度計付きウオッチ「シチズン プロマスター エコ・ドライブ アルティクロン 限定モデル」(11万円)が発売に。世界最高峰のエベレストも超える1万mまで計測でき、-20℃でも実証された耐寒性能で、極限の環境でも全ての情報をアナログで正確に表示。登山をイメージした視認性の高い2色のカラーリングにより限定数で発売です。

新色による2色のカラーはいずれも、登山をイメージしたもの。「BN4055-35W」は、ブラウン+ピンクゴールドのベゼルで、日の出直後や日没直前に高山の山頂が太陽光を受けて赤く輝いて見える現象 “Alpine Glow (アルペングロー)”をイメージ。

「BN4055-27E」は、全体を艶やかなブラックで染めイエローの差し色、ダークブラウンによるシボ(シワ模様)のカーフバンドで、夜間登山 “Night Hike(ナイトハイク)” をイメージしたもの。

文字盤にアナログで表示される高度計は、1000m単位、100m単位、2.5m単位の3本の針による詳細な表示。時刻表示の針とは色分けされた夜光塗料が施され、判別性・視認性を向上させています。すべてアナログ表示のため、時刻と同時に高度・方位を把握可能。

高山の山頂に匹敵する-20°Cの極寒環境での試験も行い、いずれの表示も正確に駆動することが実証済み。カフストラップは、極寒でも裏ぶたの金属が肌に触れないよう考慮された裏ぶたクッションを装備。

「BN4055-27E」のバンド裏材には、ウレタン素材を貼り合わせ強度をアップ。カラーやステッチにもこだわった高級感あるデザインです。

ハードな使用でも傷が付きにくいようケースは、表面硬化技術・デュラテクトMRKにデュラテクトDLCを重ねたスーパーチタニウム製。耐傷性に優れだけでなく、軽量さも特徴。両モデルとも定期的な電池交換不要の光発電“エコ・ドライブ”仕様。

9月中旬発売予定で、それぞれ600本の数量限定で販売。より高い山への意欲を駆り立ててくれそうです。

>>CITIZEN「プロマスター」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆随所に“らしさ”を感じるシチズン プロマスター「ブルーインパルス」モデル?
◆プロマスター30周年を飾るシチズン最高峰のパイロットウオッチ誕生?
◆過酷なヨットレースでも耐えうる「シチズン プロマスター」新作の実力とは??

関連記事(外部サイト)