レトロなのに新しい!懐かしいオニツカタイガーが現代風にアップデート!

レトロなのに新しい!懐かしいオニツカタイガーが現代風にアップデート!

レトロなのに新しい!懐かしいオニツカタイガーが現代風にアップデート!の画像

1949年に日本で創業したオニツカタイガーの70年以上の歴史の中から、1960年代を中心とした、ブランドの象徴的なモデルを現代的にアップデートする「ICONシリーズ」が誕生しました。

今回リリースされるのは「NIPPIN 60」「DELEGATION 64」「MEXICO 66 SD PF」(3型ともに1万7600円)の3モデル。当時の懐かしのディティールを再現した、レトロでありながら新しさも感じるスニーカーです。

1960年のローマ五輪の際に日本代表選手が着用したモデルを復刻した「NIPPIN 60」。その特徴はなんといっても、クラシックレッドとホワイトの2トーンのレザーアッパーと、サイドにデザインされた白地に赤丸の “日本国旗” モチーフです。

丸みを帯びたつま先のフォルムもレトロな雰囲気。パッと目を引く印象的なカラーとデザインで、コーディネイトにアクセントを加えてくれそうです。

「DELEGATION 64」も、1964年の東京五輪で日本代表選手が着用したモデルを復刻した、本来のオリンピックイヤーである今年にぴったりのモデル。ホワイトをベースにしたアッパーのサイドには、エレクトリックブルーとレッドで、当時のモデルと同様の“UIライン”をデザインしています。

このほか、中央がアーチ状になったソールやヒールフラップ、 “TOKYO ONITSUKA”の文字をデザインしたタンラベルなど、このモデルならではのディティールまで忠実に再現しているのが特徴です。

「MEXICO 66 SD PF」は、オニツカタイガーでお馴染みのアイコン的モデル「MEXICO 66」をベースに、プラットフォームソールを搭載し、現代的なシルエットにアップデート。

映画「キル・ビル」でユマ・サーマンが履いていたカラーを思い起こさせる印象的なイエローカラーのアッパーに、1970年代のコレクションによく採用された“Bライン”と呼ばれる独特のストライプを配置しています。

3モデルとも、1964年に開催された東京五輪にちなんだ世界限定1964足での展開で、インソールにはシリアルナンバーを刻印されています。

>> オニツカタイガー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆45年の時を経てレトロポップにアップデートしたオニツカタイガー「FABRE BL-L」?
◆さりげない赤がイイ!80年代のクラシックな印象を与える白スニーカー
◆ニューバランス最高峰の「M1300」シリーズ新作はクラシカルな佇まい

関連記事(外部サイト)

×