ラベル作りもスマホでできたら楽だよね

ラベル作りもスマホでできたら楽だよね

ラベル作りもスマホでできたら楽だよねの画像

長引くおうち時間や、日常化しつつあるリモートワークで、家の中の整理・整頓に目覚めたという人も多いのでないでしょうか。でも、せっかくきれいに収納したのに「あれはどこにしまったんだ?」なんてこと、ありませんか? ラベリングで中身の“見える化”をしておくことも大切です。

会社にいると、誰かがきれいにラベリングしてくれていたかもしれませんが、自宅となれば自分でやるしかない。「でも、文字やイラストのセレクトにセンスがなくて…」とお悩みの人に朗報。誰でも簡単におしゃれなラベルを作成できる最新型「テプラ」をご紹介します。

キングジムの「テプラ」PROシリーズから初のスマートフォン専用モデルのラベルプリンター、「テプラ」PRO "MARK" SR-MK1(1万5000円/税別)が10月1日に登場します。同時に、デザインを選ぶだけの直感操作で、ラベルを作成できる専用アプリ「Hello」も公開されます。

「SR-MK1」は、 iOS/Android の専用アプリ「Hello」をBluetoothで接続してラベルを作成する「テプラ」です。4mmから最大24mm幅のテープカートリッジが使用できるので、さまざまな用途に合わせて使い分けができます。

リビングに置いてあっても違和感のないシンプルなデザインで、カラーはベージュとカーキの2種類。W55×D133×H146mm/470gというコンパクトなサイズ感は、置き場所を選びません。

専用アプリ「Hello」は、仕様イメージから「ほしいラベル」を直感的に選べる豊富なテンプレートが大きな魅力。チャット感覚でテキストを入力するだけで、簡単にラベルが作成できる「クイック作成」や、複数のラベルを同じレイアウトでまとめて編集・印刷できる「一括作成」など便利な機能が搭載されているので、「美的センスに自信がない…」と躊躇していた人でも安心して使えますよ。

また、 印刷したラベルに日時や曜日を紐づけて、アラームで通知できる「タイムラベル」機能も搭載されています。ゴミ出し日や浄水器のフィルター交換時期など、日常の中でうっかり忘れてしまいがちな予定も「SR-MK1」と専用アプリ「Hello」を使えば、簡単に管理できます。

ただ“ラベリング”をするだけではなく、部屋のインテリアにも貢献しながら、予定も管理できる最新型ラベルプリンター「SR-MK1」を使って、毎日の暮らしをもっと便利に、さらに豊かなものへと変えていきませんか。

>> キングジム

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆手のひらサイズで電池駆動ならいつでもどこでもテプラしたくなる!?
◆机の上で場所を取らないペンケースって実は使い勝手もイイよね
◆2020年は日本の豊かな四季を手帳で感じながら過ごしてみませんか?

関連記事(外部サイト)

×