セイコーの歴史を随所に刻むアストロン服部金太郎モデル

セイコーの歴史を随所に刻むアストロン服部金太郎モデル

セイコーの歴史を随所に刻むアストロン服部金太郎モデルの画像

1881年にセイコーホールディングスの前身である服部時計店を創業した服部金太郎。今年がその生誕160周年にあたることを記念し、限定モデル「服部金太郎 生誕160周年記念モデル」(44万円)がリリース。

ブラックとゴールドを組み合わせた高級感と存在感のある佇まいや、裏蓋にかつての商標や理念の文言などを刻み、特別なピンバッチや木製収納ボックスを付属したスペシャル仕様です。

1969年、セイコーが発表した世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン 35SQ」に続き、世界初のGPSソーラーウオッチを世に送り出し、時計業界に“第二の革命”をもたらした「セイコー アストロン」。セイコーを代表するこのブランドより、創業者の生誕160周年を記念した「服部金太郎 生誕160周年記念モデル」が登場しました。

ケース、ダイヤル、ストラップなどのベースはブラックに統一し、時針と分針やリューズなど各パーツに配したゴールドをアクセントとした、威厳のある重厚なデザイン。160周年にちなんだ16面カットを施した、高い強度と耐擦傷性を誇る高品質のジルコニアセラミックス製ベゼルは、光を受けて立体的に輝きます。

また、純チタン製の裏蓋もゴールドを採用し、その中央には、服部金太郎が1900年に登録したセイコーの前身である服部時計店の商標「丸角S マーク」を配置。

さらに、“KINTARO HATTORI”の名と、服部金太郎の理念である“ONE STEP AHEAD OF THE REST(常に時代の一歩先を行く)”の言葉、そしてシリアルナンバーと“Limited Edition”の文字を刻印しています。

搭載しているムーブメントは「5X53」。スーパースマートセンサーや高速タイムゾーン修正機能といった高い機能性を持ちながらコンパクトサイズを実現する、最高峰のGPSソーラーキャリバーです。

さらに、金のステッチを施したクロコダイルストラップや、「丸角Sマーク」の特製ピンバッジも付属。「丸角Sマーク」を刻印した木製ボックスに収納されるというスペシャル仕様となっています。

まさにセイコーの歴史と理念を形にした「服部金太郎 生誕160周年記念モデル」は、世界限定2500本で、服部金太郎の誕生日(旧暦)である10月9日に国内、海外で順次発売予定です。

>>セイコー「アストロン SBXC073」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆たしかに似てる!話題の電気自動車「Honda e」とのコラボアストロン?
◆世界初のクオーツ誕生から50年!記念のセイコー アストロンはGPS付き!?
◆黒く輝くスカルロゴを携えたセイコー アストロンの新境地?

関連記事(外部サイト)

×