驚異の1000m防水性能を42mmケースに詰め込んだ新作ボール ウォッチ

驚異の1000m防水性能を42mmケースに詰め込んだ新作ボール ウォッチ

驚異の1000m防水性能を42mmケースに詰め込んだ新作ボール ウォッチの画像

1000m防水という驚くべき性能を備えた、ボール ウォッチの最強ダイバーズウォッチが6年ぶりのモデルチェンジを発表。モノブロック削り出しによる特殊構造のチタンケースを日常生活に合わせて42mmまでダウンサイジング。さらにプロフェッショナルのシビアな使用に耐えるタフな仕様を備えた「エンジニア ハイドロカーボン ディープクエストU」(36万円/税別)が発売となります。

「エンジニア ハイドロカーボン」シリーズは、ブランドの開発理念である“タフ&ディペンダブル”を具現化するものとして、耐衝撃性はもちろん耐磁性、防水性、視認性など、ダイバーズウォッチに求められるすべての性能において優れた特徴を備えたフラッグシップコレクション。なかでも防水性能でボール ウォッチ史上最強のスペックを搭載するのが、2014年に発売された「エンジニア ハイドロカーボン ディープクエスト」です。

今回発売されるのは、この「ディープクエスト」のセカンドモデルにあたるもの。良質なチタンの塊から切削加工によって削り出された裏蓋のないケースバック一体型構造は、初代モデルと同じものですが、日常的な使いやすさを配慮して42mm径、15.5mm厚へとダウンサイジング。

この特殊構造のケースと4mmの極厚サファイアガラスによって、一般的な機械式ダイバーズを大きく上回る1000m防水性能を実現しています。

プロフェッショナルユースの機能としては、自動減圧バルブをビルトインした新開発のリューズを新たに搭載。これはヘリオックス(酸素とヘリウムの混合ガス)を用いた特殊な潜水技術を持つ、プロダイバーが行う飽和潜水に対応するもの。

また、3連式のメタルブレスは、センターパーツにステンレススティールを用いたチタンとあわせることで、軽量性と堅牢性、耐腐食性とともに優れた比重バランスを実現。長さの微調整が可能なエクステンション機能は、ウェットスーツの上からでも装着できるというメリットも。

高い精度はスイスCOSC認定クロノメーター取得のお墨付き。深海での視認をサポートする自発光マイクロ・ガスライトや逆回転防止ベゼル上に施されたスーパールミノバなど、おなじみのディティールももちろん搭載。カラーはブラック、シルバーの2カラーをラインナップしています。

日常生活の中で、ブランド最強のオーバースペックを身につけるという贅沢。ここぞという勝負の日、自分を奮い立たせたい時に、パワーと自信がみなぎりそうな1本です。

>> ボール ウォッチ・ジャパン

文/&GP

 

【関連記事】

◆ボール ウォッチの培った技術が1本に。耐衝撃性が進化した「エンジニアIII」?
◆オールドスタイルと最新テクノロジーが融合したボール ウォッチ新作ダイバーズ?
◆夏らしく爽やか!ハイコスパなボール ウォッチの本格機械式GMTモデル?

関連記事(外部サイト)

×