秋に足元にぴったりなアーバンアウトドアシューズ5選

秋に足元にぴったりなアーバンアウトドアシューズ5選

秋に足元にぴったりなアーバンアウトドアシューズ5選の画像

今年も夏もとにかく暑かった。特に今年はマスクを着けていたため、高温+マスクでより暑く感じた人も多いかもしれません。

9月に入ってからも続いた暑さも、どうやら落ち着いた雰囲気になってきました。暑さ寒さも彼岸までと言うように、連休最後の22日は秋分の日。これからは過ごしやすくなりそうです。

暑さと感染対策で控えていた外出も、GoToトラベルに東京都が追加され、この秋は検討してみる人も多いのではないでしょうか。そんな久々の外出時の足元には、気分を新たにしてくれる新作シューズはいかがですか。

この秋は、おこもり生活でなまった体を起こしてくれる、履き心地が良く歩きやすい、さらに不整地も街も気にせず歩ける、いつもの散歩をちょっと延長したくなるアウトドア系の最新シューズを5モデル紹介します。もちろん外出する際は、しっかり感染対策を行いましょう。
 


1. キルティングが秋らしい雰囲気

キルティングされたアッパーとスエードが見た目に暖かさを感じさせてくれるTevaの「EMBER COMMUTE WP」。登場以来、秋冬のキャンパーの足元に最適と人気になったエンバーモックをミッドカットにしたようなモデルで、クッション性やグリップ力も問題なし。素材はしっかり防水仕様になっているので、突然の雨だって気にせず履けますよ。

>> レトロなのに高機能!テバの全天候対応キルティングシューズ

 
2. イエローブーツのDNAを持つアウトドアスニーカー

ティンバーランドといえば、スエードをメイン素材にした“イエローブーツ”が定番ですが、この「マドバリー ミッド ハイカー」もどこか似た雰囲気。とはいえよく見ると、シューレースやミッドソールなどがワークブーツよりは本格アウトドア仕様に。ティンバーらしさを残しつつ、踏破性を確保したスペックは、トレイルでも街歩きでも快適さを提供してくれます。

>>

関連記事(外部サイト)

×