2種類の中敷きで山でも街でも快適なホグロフスの新作シューズ

2種類の中敷きで山でも街でも快適なホグロフスの新作シューズ

2種類の中敷きで山でも街でも快適なホグロフスの新作シューズの画像

日ごとに暑さが和らぎ、登山やトレッキングを趣味とするみなさんにとって最高のシーズンがやってきました。舗装された道路でも、ハードな山道でも快適に歩ける、オールラウンドなシューズを探しているなら、Hagl?fs(ホグロフス)の「Duality(デュアリティ)」をチェックです。どんな道にも対応するそのヒミツは、2種類のミッドソールにあるようです。

これまで“山歩きから街歩きまでカバーするシューズ”というと、デザイン性を高めたトレッキングシューズが大半でしたが、「デュアリティ」は、“機能面”を山と街のどちらにも対応させようという点が画期的。

ポイントは、付属された密度の異なる2種類のミッドソールです。

ハイキングや街歩きの際には柔らかいミッドソールを、トレッキングや岩場では硬いミッドソールを、というようにフィールドに応じて入れ替えられ、これ一足で街にも山にも対応できるというわけです。

アッパーには、上質な天然革とGORE-TEXメンブレンを採用し、防水性、透湿性、ストレッチ性を確保。

つま先は頑丈なキャップによって補強され、硬い岩などから足を保護します。

ヒールにはがっちりとしたサポートを設け、岩場など凹凸のある山道でも安定性バツグン。

足入れ部分は伸縮するニット状になっているため、着脱しやすく、足にしっかりフィットします。

また、エコ素材を採用するのもホグロフスの特徴で、ミッドソールは「藻類バイオマス」を利用したサスティナブル素材、ニット状の足入れ部分には100%リサイクルポリエステルを使用しています。

、ハイカットの「デュアリティ AT1 GT(メンズ)」(メーカー希望小売価格3万5000円/税別)と、ローカットの「デュアリティ AT2(メンズ)」(メーカー希望小売価格2万7000円/税別)の2タイプをラインナップ。カラーはそれぞれ2色展開で、「デュアリティ AT1 GT(メンズ)」がTrue Black/Purple RainとDeep Woods/Habanero、「デュアリティ AT2(メンズ)」がTrue BlackとLichen/Pumpkin Yellowになります。

ホグロフスのサイトなどで9月25日より発売予定です。

>> ホグロフス

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆秋に足元にぴったりなアーバンアウトドアシューズ5選
◆ザ・ノース・フェイス冬の定番「ヌプシ」が革を纏った!
◆メレルの名作「カメレオン」がさらに履きやすくなったぞ!

関連記事(外部サイト)

×