待ってました!GoProにも自撮りが捗るフロントディスプレイが付いたぞ!

待ってました!GoProにも自撮りが捗るフロントディスプレイが付いたぞ!

待ってました!GoProにも自撮りが捗るフロントディスプレイが付いたぞ!の画像

先日、販売が開始されたGoPro(ゴープロ)の新作「GoPro HERO9 Black」(5万4000円/GoPro.com販売価格 ※サブスクリプション登録なし)は、5K対応、フロントディスプレイ、進化した手ブレ補正など、新たな機能がギッシリ。「登山の様子を5Kで撮ってみよう」「サーフィンに付けたら凄いスローモーション映像が撮れそう」「料理の生配信をしてみてもいいかも」など、持っているだけでアクティブになれそう!

これまでのシリーズと比べて大きく変わったのは、1.4インチのフロントディスプレイが搭載されたこと。自らを映しながら撮影できるので、フレームアウトする心配がなく、わざわざ一旦カメラを切って映像を確認する必要もありません。また、リアのディスプレイも拡大されており、映像が見やすいだけでなく、タッチによる操作がしやすくなっています。

そして新型センサーによって映像のクオリティもさらに向上。映像では5K、写真では20メガピクセルの撮影が可能に。小さなアクションカムでも、大画面で見劣りすることのない迫力の映像を撮ることができます。

撮影技術も進化しており、水平を維持するホライゾンレベリングも可能な手ぶれ補正機能“HyperSmooth 3.0”、最大240フレーム/秒で撮影する“8倍スローモーション”、映像スピードに緩急をつけたタイムラプスビデオが撮影できる“TimeWarp 3.0”などの機能も。

録画を始める前の映像を最長30秒記録してくれる“HindSight”や、写真撮影前後の1.5秒間を映像で記録してくれる“LiveBurst”は、スポーツのゴールシーンや、鳥が羽ばたく瞬間など、撮り直しの利かない決定的なシーンを撮影するのに重宝します。

また従来のシリーズよりバッテリー駆動時間が最大30%アップした点も見逃せません。

そしてGoProらしく、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー、ライトモジュラーなど別売りのアクセサリーが充実。

新たなアクセサリーとなる「Maxレンズモジュラー」(1万1900円)は、155度の超広角デジタルレンズを採用し、“Max HyperSmooth”でより強力な手ぶれ補正を実現。カメラをぐるっと360度回転させても水平をキープするというんだから驚きです。

アクションカムの上限を突破する性能を備えた新GoProで、かつてない映像を撮影してみませんか?

>> GoPro

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆軽くてマイクが高性能!新型LUMIXは話題のVlog撮影にぴったり!
◆DJIのスマホ用スタビライザーで動画や写真のレベルを一気に上げちゃおう!
◆ジンバルメーカーが手掛ける超小型カメラなら誰が撮ってもブレ知らず!

関連記事(外部サイト)

×