卓上で焼く・茹でる・蒸す・炊くができるなんてもうキッチンは必要なし?

卓上で焼く・茹でる・蒸す・炊くができるなんてもうキッチンは必要なし?

卓上で焼く・茹でる・蒸す・炊くができるなんてもうキッチンは必要なし?の画像

おうち時間が長くなる昨今、ホットプレートの人気が例年以上に高まっているのだとか。確かに、家族や友人たちとワイワイと囲む食卓は楽しいものですが、日々の暮らしで必要なのは、やっぱり炊飯器と肉や魚をサッと焼けるフライパン、それからなんでも使える鍋…ですよね。

あっ、でも時々はホットプレートの定番 “たこ焼き” も楽しみたいし、ヘルシーな蒸し料理が出来たら便利かも。だったら、その全部を1台で叶えられる便利な卓上万能鍋はいかがですか? これさえあれば、もうキッチンがいらなくなりそうですよ。

天板を交換するだけで、あらゆる加熱調理ができる「万能鍋」(オープン価格)が、小型家電を展開する坂田釜作から登場しました。この1台で「焼き」「茹で」「蒸し」「炊き」を自在に楽しめます。

坂田釜作は、2019年に東京で誕生した小型家電ブランドです。「見た目よし、使って尚よし」をコンセプトに、デザインと使用感に徹底的にこだわったものづくりを展開しています。

この「万能鍋」の着目ポイントは、天板脱着の利便性とモード切り替えの汎用性です。「鍋」「ステーキ」「たこ焼き」「パンケーキ」「蒸し」の5つのモードが搭載されており、それぞれの使用に合わせて決められた稼働時間を経過すると、自動で電源が切れる安全性能を盛り込んでいます。

各モードと9段階のパワー調節を組み合わせることで均等な加熱を実現し、卓上ながら「焼き」「茹で」「蒸し」「炊き」という料理の基本に対応。視認性の高いLEDを搭載し、指1本で全ての操作が行えます。ガスコンロのようにつきっきりで火加減を気にする必要はもうありません。

また、天板を昇降させられる便利な機能付き。卓上で使いやすい位置に高さを調節できるのはもちろん、鍋料理の際には具材の追加がラクになり、火を遠ざけることで煮崩れを防止するなど “あったら便利” な機能がさりげなく盛り込込まれています。

アルミダイキャスト製の鉄板やステンレス製の鍋底バスケット、アルミ製の支柱は、それぞれ分解でき、洗いやすい設計が施されているなど、衛生面への配慮も抜かりがありません。

内径は27cmで、最大容量は何と4リットル。これならひとり暮らしのデイリーユースから、友達を招いての食卓までオールマイティーに対応できます。

カラーバリエーションは、ベージュ1色のみ。どこまでも “シンプル・イズ・ベスト” が基本です。無駄のないデザインで、食卓にずっと置いておけそうな万能鍋。食欲の秋に、1台いかがですか。

>>?坂田釜作

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆何でもおいしくなる無水土鍋がキッチンでもアウトドアでも映える!?
◆鉄鍋に挫折した人も大丈夫!空焚きも油引きも必要ないって?
◆手放せない使い勝手!1本何役もこなすスパチュラはカタチがポイント

関連記事(外部サイト)

×