グリル部分をレンジでも使える世界初のIHクッキングヒーター

グリル部分をレンジでも使える世界初のIHクッキングヒーター

グリル部分をレンジでも使える世界初のIHクッキングヒーターの画像

毎日の調理で欠かせないものといえば、お湯を沸かしたり、焼き物、炒め物をするクッキングヒーターやガスコンロ。その次を挙げるとすれば、やっぱり電子レンジでしょうか。でも、クッキングヒーターやガスコンロの中央に付属されているのは、なぜか魚焼きグリル。これって、実際どれくらい使っていますか? よく使う機能をひとつに集約したら、もっと便利で時短が図れるのでは…。そんな思いを形にした世界初、電子レンジ機能を搭載したIHクッキングヒーターが今秋、登場します。確かにその発想はなかったかも…。どんなメリットがあるのか気になりますね。

電子レンジ機能を搭載したIHクッキングヒーター「レンジグリル IH(RE-220SR/RE-320SR)」(2口IH「RE-220SR」:32万円/11月1日発売、3口IH「RE-320SR」:35万円/12月1日発売 いずれも税・据付費用別)が三菱電機から発売されます。

「レンジグリルIH」のレンジ加熱機能は、通常の電子レンジ同様におかずやご飯のあたため、冷凍食品の解凍、下ゆでなどの調理に幅広く対応。-10℃から0℃までは2℃刻み、0℃から90℃までは5℃刻みの計24段階の温度調節が可能な自動調理メニューで、肉の解凍や根菜の下茹でなども、ヒーターでの調理と並行しながら簡単に行えます。

また、食材を中(レンジ加熱)と外(グリル加熱)から一気に加熱することで、より素早く時短調理を可能にする“レンジグリル加熱機能”を搭載。グリル庫内の赤外線センサー“レンジグリル光センサー”が、食材の温度を瞬時に測定し、自動で温度を制御します。食材の状態に合わせた最適な調理方法を自動で選択し、旨味を閉じ込めて肉や魚を美味しく焼き上げます。

何度作っても、厚みのある肉やハンバーグなどは、生焼けや焼きムラ、焼きすぎなどの不安がつきもの。ですが、ご安心を。「IH加熱」と「グリル部加熱」を連携させた「リレー調理」を使えば、プロ顔負けの出来栄えを短時間で実現できます。

「自動料理メニュー」は計8種類(ハンバーグ、ローストビーフ、パエリヤ、グラタン、からあげ、野菜炒め、とんかつ、天ぷら)。例えばハンバーグ。リレー調理ボタンでハンバーグを選択したら、まずはIHヒーターで両面にこんがりと焼き色を付けましょう。後はフライパン(取っ手が取れるものを使用)ごとグリルに移してスタートを押すだけ。生焼けや焼きすぎの心配もなく、ふっくらジューシーな仕上がりに。もちろん耐熱性のある調理皿も使えます。

プレート幅は、W600×559×H238mm。クリスタルシルバーのガラス天板で、お手入れも簡単です。効率よく短時間でおいしい料理を仕上げたい。そんな人におすすめしたい、まさに一石二鳥の新しいキッチンアイテムです。

>> 三菱電機「IHクッキングヒーター」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆火加減の難しい料理も日立のIHクッキングヒーターでラックラク!?
◆魚焼きグリルを有効活用!庫内を汚さず焼き料理や蒸し料理ができますよ?
◆回して焼くから本格肉料理もおいしく食べられます!?

関連記事(外部サイト)

×