プーマの次世代を担う究極のミッドソールテクノロジーがついにお目見え!

プーマの次世代を担う究極のミッドソールテクノロジーがついにお目見え!

プーマの次世代を担う究極のミッドソールテクノロジーがついにお目見え!の画像

MIT(マサチューセッツ工科大学)デザイン ラボとプーマの共同開発によって誕生した4Dミッドソール「XETIC(ゼティック)」。プーマの未来を担うこの次世代ソールテクノロジーを搭載したニューモデル「カリブレート ランナー BM」がこの秋投入されました!

ポイントとなるミッドソールには、無数の“8の字”と“丸型”の空間が配されています。そこに体重がかかると、効率的な潰れ方をすることで衝撃を吸収し、さらに元の形状に戻る力でバツグンな反発性を生み出します。さらにソール自体もクッション性の高いフォーム材で形成されていて、構造とフォーム材が連動することで優れた安定性と快適性を提供してくれます!

 

■究極のミッドソールがポイント!

目の細かいニットが使われているアッパーのトウ部分は、伸縮性を抑えて足の横ブレを抑制するように編まれています。

その後ろの部分はニットにコーティングを施し、サポート性を生み出しています。グラデーションで流れるようなカラーリングもポイントです!

ミッドソールの素材はプラスチックではなく、高い柔軟性を備えた“フォーム(発泡体)”を使用。XETICの名前の由来でもある、オーセチック構造(Auxetic Materials)は、圧縮などの機械的負荷を受けたときに新次元のクッショニングを発揮して、着地時の衝撃を最小限に抑えます。

ゴム製アウトソールは、全面ではなく部分的に設けることで高い屈曲性を確保しています。
*  *  *
昨今のランニングモデルで厚底系などさまざまなソールテクノロジーが誕生している中、遂にプーマからも次世代ソールテクノロジーが登場しました。強い反発力から来る優れた推進力が実感できるので、ぜひ実際に試してみてください!

プーマ
「カリブレート ランナー BM」(1万6500円)

>> プーマ

<取材・文/本間 新>

本間 新|エディター/ライター。ファッションを中心にさまざまな雑誌やWEB媒体で活動。中でもスニーカーに特化し、年間400本以上ものスニーカー関連記事を制作している。アメ車やエアガンにも強い。Instagram

 

 

【関連記事】

◆バッシュを切って低くする!? 大胆すぎるスニーカーがリデザインされ復活!
◆どっからどう見てもジッパー!だけど履き心地抜群で高機能!

関連記事(外部サイト)

×