レトロ感たっぷり!新たに“バットマン”カラーも加わった「タイメックス キュー」

レトロ感たっぷり!新たに“バットマン”カラーも加わった「タイメックス キュー」

レトロ感たっぷり!新たに“バットマン”カラーも加わった「タイメックス キュー」の画像

1970年代後半から80年代にかけて登場したアイテムやギアは、絶妙なレトロ感と現在のものにはない斬新さを感じさせるデザインが多く、その当時をリアルタイムで過ごしてきた世代と、初めて目にする若い世代に、両方から高い支持を獲得しています。

アメリカ発の腕時計ブランド・TIMEXの人気モデル「TIMEX Q(タイメックス キュー)」(2万4200円)は、2020年代に突入した現在でも魅力たっぷりのデザインを備えた腕時計。このたび、新たに3色がそのラインナップに加わりました!

「TIMEX Q」は、1979年に発売されたクォーツモデルを祖とするダイバーズルックの時計。昨年と今年5月の復刻時は、販売開始直後に即完売するという大人気を博しました。待望の再々登場となる今回は、3種の新色で展開。いずれもシンプルで、80年代を感じさせるレトロチックな雰囲気が魅力となっています。

「TW2U61400」は、イエローゴールドカラーに、通称“バットマン” カラーの黒青ベゼルを合わせた注目度抜群のデザインを採用。

「TW2U61300」はオリジナルモデルと同様の、シルバーブレスに黒赤ベゼルを搭載したベーシックなデザイン。

「TW2U61500」は、温かみとヴィンテージ感を漂わせるローズゴールド×黒茶ベゼルの組み合わせです。

ムーブメントはクォーツ式で、ケース径は38mm×厚さ11.5mm、ラグ幅18mmとコンパクトな設計。英語とスペイン語が併記されたデイデイト表示を搭載し、時分針とアワーマーカーは蓄光処理が施されています。時計ケースとベルトはステンレススチール、ドーム型の風防はアクリルを採用し、また時計ケースの裏側には、バッテリー交換用ハッチを備えるなど、随所にこだわりのディテールが用いられています。

3色いずれからも漂う圧倒的な存在感は、2万円台で入手できるクォーツ式とはとても思えないほど。プライベートからビジネスまで、シーンを問わず、気軽に装着できるのも見逃せないポイントといえそうです。

>> TIMEX

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆パックマンは今年で40周年!記念すべきコラボ相手は…TIMEX!
◆30分で完売したTIMEXの超人気モデルにホワイト文字盤も登場!?
◆目を引くイエローがカッコいい!軍用時計の老舗TIMEX新作コラボ?

関連記事(外部サイト)

×