生まれ変わった「Echo Show 10」はディスプレイが回転するぞ

生まれ変わった「Echo Show 10」はディスプレイが回転するぞ

生まれ変わった「Echo Show 10」はディスプレイが回転するぞの画像

Amazonの展開するスマートスピーカーシリーズ「Echo」より、ディスプレイ付きモデルの新製品「Echo Show 10」(2万9980円)が近日発売となります。スピーカー専用の丸っこいEchoと、10インチのディスプレイを合体させたようなデバイス。最大の特徴は、なんといってもディスプレイ部が自動でユーザーの位置を認識し、回転する機能を搭載したこと。部屋のどこからでもディスプレイを確認できるし、ビデオ通話などではカメラの画角に縛られずに自由に動けるなど、利便性が大幅に向上しました。

音声を通じて、家電を操作したり、買い物をしたり、タイマーやリマインダを設定したりと多方面に活躍するスマートスピーカー。ディスプレイ付きモデルはビデオ通話やフォトフレームとしての活用など、さらにマルチに活躍してくれるアイテムです。

次世代型「Echo Show 10」は、10インチのHDスクリーン部分がユーザーの位置を認識して、自動で左右に回転、つまりユーザーを追いかけてくれる新機能を搭載。

部屋中どこにいてもディスプレイを確認できるので、ビデオ通話や映画・ネット動画の視聴などでは、座り位置に縛られずに自由に楽しめるし、キッチンでレシピ動画を確認する際にも、シンクの前で作業するときと、ちょっと離れたテーブルの上で作業するとき、どちらでも見やすくフラストレーションがありません。運動しながらの動画鑑賞なんかにもよさそうですね。

内蔵カメラにはもちろん外出先からもアクセスできるので、子どもやペットの見守り、防犯にも活躍。この点でもディスプレイの回転機構が威力を発揮。設置場所の自由度も高そうです。回転する機構には静かに動作するブラシレスモーターを用いているので、通話中に“ウィ〜ン”なんて音が入る心配もありません。

サウンド面では、ふたつのツイーターと強力なサブウーファーを内蔵。設置された部屋の音響特性を感知し、ユーザーのいる位置に合わせて指向性のあるサウンドを作り出す賢い機能も搭載。

スマートデバイスの規格のひとつ “Zigbee” にも対応するハブも内蔵してしるので、対応デバイスであれば簡単に接続・設定が可能。Alexa対応の赤外線コントローラーを中継することで、今あるリモコン家電までもが操作可能に。

照明にオーディオ機器、冷暖房、お掃除ロボットなどなど、あらゆる家電を便利に操作できるので、「Echo Show 10」を取り入れるだけで生活の利便性が一気に向上しそうです。

離れて暮らす家族や友人とのコミュニケーションの頻度も増えるんじゃないでしょうか。購入はもちろんAmazonにて。

<文/&GP>

【関連記事】

◆屋外でもOK!防水スマートスピーカーが生活を変えてくれそうです?
◆BOSEのスマートスピーカーも「OK! Google」が使えるようになりました!?
◆ディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Spot」を買うべき7つの理由?

関連記事(外部サイト)

×