鍋の具材が昇降すると、どんなメリットがあるの?

鍋の具材が昇降すると、どんなメリットがあるの?

鍋の具材が昇降すると、どんなメリットがあるの?の画像

あっと言う間に10月。衣替えも済んで、本格的な秋冬モードに突入です。今年はいつも以上におうち時間が長くなりそうなので、早めに “おこもり鍋”の準備を始めてみてはいかがですか。家族や友人と温かい部屋で、具沢山の鍋と美味しいお酒を囲む鍋パーティー、いいですよね

そんな楽しい鍋パーティーですが、ついお酒や会話に夢中になって具材を煮込みすぎてしまった、食べようと思ったらつゆがなくなっていた、…なんて “お鍋あるある”ありませんか。鍋料理をもっと効率よく、快適に楽しめる昇降機能付きの鍋が登場しました。これは確かに便利そうですよ。

ワンタッチ昇降機能付きIH鍋「ZHENMI POT(シェンミ・ポット)」(1万3800円〜10月1日現在)が、クラウドファンディング・GREEN FUNDINGに登場しました。

「ワンタッチ自動昇降機能」とは、タッチパネルを押すことで鍋内部のバスケットが自動で昇降し、つゆと具材を分離できる機能のこと。IH鍋にこの機能が搭載されると、どんなメリットがあるのでしょう。
メリット1:具材の煮込みすぎを防止

楽しい鍋パーティーも、主役の具材が煮詰まって色や味、食感が悪くなってしまっては台無しです。みんなの食べるペースに合わせて、バスケットの具材をつゆから引き揚げておけば、煮込みすぎを防止でき、美味しい状態をキープできます。

 
メリット2:具材の取り出し・追加がしやすい

具材とつゆを一緒に取り出していると、途中で鍋からつゆがなくなってしまうという経験は少なからずあるもの。具材を引き上げておけば、中身が確認できて取り出しやすくなります。そのあとにバスケットをおろしてつゆを器に移しましょう。もちろん具材を追加するときも便利です。

 
メリット3:蒸し料理も楽しめる

バスケットを昇降させた状態で加熱すれば、ヘルシーな温野菜やシュウマイなどの蒸し料理も手軽に楽しめます。下側でスープを作りながら、バスケットで蒸し料理を作れるので、時間もスペースも無駄なく効率的に使えます。

「ZHENMI POT」は、4Lと大容量なので、2人から最大8人の鍋料理に対応可能。火力は最大1200Wで5段階で調整できます。鍋本体の保護と火災防止のために、鍋中の水量が不足すると電源が自動的にオフになるので安心です。

サイズは、W335×D265×H260mm、重さ3.2kg。素材には、主にステンレス鋼材を用いているので、耐熱性・耐腐食性に優れ、お手入れも簡単です。

楽しい鍋パーティーをより効率的に楽しむために、今年の冬はこんな鍋を用意してみてはいかがでしょうか。

>> GREEN FUNDING

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆味、デザイン、健康に注目!理想の朝食時間を叶えてくれる調理家電15選【ステイホーム時代の新必需品】?
◆ほったらかし調理は一人暮らしこそ必要かも?
◆熱燗も冷やもこれひとつで!しかも酒器部分は能作の錫器ですよ?

関連記事(外部サイト)

×