漆黒のハミルトン「カーキ」新作はミリタリーウォッチの王道だ

漆黒のハミルトン「カーキ」新作はミリタリーウォッチの王道だ

漆黒のハミルトン「カーキ」新作はミリタリーウォッチの王道だの画像

左腕に引き締まった印象を与えてくれるブラックカラーをメインとした腕時計は、ビジネスシーンはもちろん、プライベートやアウトドアにおいても違和感を与えることがほとんどありません。持っていて安心の1本をコレクションに加えたいとお考えなら、アメリカ発の人気ブランド・HAMILTON(ハミルトン)の定番モデルをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

10月の発売開始が予定されている「Khaki King Auto(カーキ キング オート)」(7万9200円)は、ここ最近で特に大きな注目を集めているフルブラック仕様。ハミルトンのミリタリールーツを色濃く残した “無駄のない機能美” を感じさせる、人気コレクションの最新作です。

40mm径のリューズガード付き時計ケース(ステンレススチール製)には、マッドブラックPVD加工が施され、同じくマッドブラックのダイヤル、レザーストラップと融合。「カーキ キング オート」のアイデンティティである12時位置のデイデイト表示と、24時間表記を備えたホワイトカラーのインデックスが、漆黒のダイヤルの中で抜群の存在感を放ちます。

時分針と秒針の先端には、スーパールミノバ加工を施し、夜間暗所でも正確な時刻の把握をアシストします。

ムーブメントは、パワーリザーブ80時間を誇るハミルトン専用自動巻ムーブメント・Cal.H-40を搭載。シースルーバックのケース裏側からは、機械式腕時計の醍醐味ともいえる時の刻みを好きなだけ眺められます。風防は、反射防止加工のサファイアクリスタルを採用し、水回りでも気にならない5気圧防水。ベルトは、ブラックカーフレザー製で、時計ケースの“黒”との調和もしっかり取れています。

大胆なブラックカラーに「King Auto」のスピリッツが息付く、ハミルトン定番モデルの最新コレクション。機械式腕時計が持つ魅力を、この1本で存分に体感してみてはいかがでしょうか。

>>ハミルトン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ブラックの輝きを追求したビクトリノックスのスポーツクロノ?
◆計測機器の美しさを文字盤に凝縮したフランスらしいタイムピース?
◆エレガントなグレーと最新機構が織りなすTISSOT日本限定モデル?

関連記事(外部サイト)

×