人気アウトドアブランドの秋冬向け新作アウター5選

人気アウトドアブランドの秋冬向け新作アウター5選

人気アウトドアブランドの秋冬向け新作アウター5選の画像

秋や冬のアウターとして人気のアウトドア系ウエア。防水や透湿、ストレッチといった機能性はもちろんのこと、最近はデザイン性も高く、街で着ても違和感のないものが多く発売されています。

つい先日まで夏のような気温でしたが、すでにファッション業界は冬に向けたラインナップが勢揃い。もちろんアウトドア業界も今シーズンの秋冬モデルが揃ってきています。

そこで、キャンプやトレッキングにも使える本格モデルからアーバンアウトドアスタイルに最適なタウンユース向けまで、人気アウトドアブランドの新作アウターを5つご紹介します。
 

1. レトロ感が今っぽいフリースパーカー

昨年頃から人気が復権してきた感のあるフリース。アウトドアシューズメーカーであるメレル初の新しいアパレルライン“JAPAN CAPSULE”にもフリースアウターがラインナップしています。「SHERPA FLEECE HOODY」は、フリースらしい保温力に加えて伸縮性があるため、体にフィットするタイトなシルエットが特徴。まるでスウェットのような着心地で、どことなくレトロな雰囲気も魅力的な一着です。

>> 暖かくてストレッチ性もある街でも着たいメレルのフリース

 
2. ちょいミリタリーなグラミチの新作ベスト

クライミングパンツで有名なグラミチですが、トップスも手掛けています。今シーズンの注目は、タフなコーデュラファブリックを使ったモデルです。サイドのベルトが特徴の「CORDURA RIP INNER VEST」は、見た目通りタクティカルベストをイメージした薄手のベストで、秋にはシャツやスウェットの上に羽織るアウターとして、冬にはシェルの中に着るインナーとして、これからの季節に活躍してくれそうです。

>> 機能性はさすがグラミチ!新作ウエアはどれも日常で着たくなる快適さです

 
3. ロングセラーフリースがアップデート

本格アウトドアブランド、マウンテンハードウェアの定番モデル「モンキーフリース」。発売から20年が経つブランドアイコン的な存在ですが、今シーズンは雰囲気は変えずにしっかりアップデート。新たに“POLARTEC HIGH LOFT”を採用し、軽さはそのままに保温性がアップしています。毛足が長いフリースは、まさにモンキー。茶色以外にも黒や赤など全5色がラインナップしています。

>> 今も進化し続けるマウンテンハードウェアの超定番フリース

 
4. コットン混紡素材で街にも似合うモンベルの焚き火ウエア

日本が誇るアウトドアブランド、モンベル。トレッキングのイメージが強いブランドですが、最近はキャンプを意識したアイテムも数多く手掛けています。今シーズンの新作には、焚き火用ウエア「フエゴ・シリーズ」が登場。見た目はナイロン素材のシェルのようですが、難燃ビニロン75%とコットン25%という独自開発の混紡素材を使用。コットンが入ったことで落ち着いた風合いになり、街でも違和感のない仕上がりです。

>> 機能性もデザインもモンベルらしい焚き火ウエア登場!

 
5. 高機能さが特徴のホグロフス新作アウター

北欧スウェーデンの総合アウトドアブランドであるホグロフスの新作アウターは、とにかく高機能。中わたには“Mimic”という、螺旋状の中空繊維を球体状にした独自の化繊素材を使用。一般的にはシート状である化繊を球体にすることで高い保温力を実現し、さらに天然ダウンの弱点である濡れにも強い。もし水を含んでも絞れば元の球体に戻るので、すぐに暖かさを回復してくれます。シンプルなデザインとシルエットは、山だけでなく街でも着たくなりますね。

>> ダウンと化繊のいいとこ取りで、素早く体を暖める

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆秋に足元にぴったりなアーバンアウトドアシューズ5選
◆レジ袋有料時代の必需品!男も使いたくなる機能的エコバッグ5選
◆家でも毎日おいしい1杯を味わえるコーヒー器具5選

関連記事(外部サイト)

×