大空への冒険心を掻き立てるハミルトンのパイロットコレクション

大空への冒険心を掻き立てるハミルトンのパイロットコレクション

大空への冒険心を掻き立てるハミルトンのパイロットコレクションの画像

アメリカ生まれ、スイス育ちのハミルトン。第一次世界大戦中に軍用時計を生産した歴史をルーツとする「カーキ パイロット」コレクションは、ミリタリー好きやパイロットウォッチ愛好家たちに支持されています。そんな人気コレクションに、新たに「カーキ アビエーション コンバーター」シリーズが加わりました。

この新しいパイロットウォッチ3モデルには、航空用回転計算尺を装備。本格的な機能とデザインが、時計好きの心をくすぐります。

3つの新しいコレクションに採用された、ベゼルとダイヤル周囲の目盛りで構成される回転計算尺は、現在でも実際にパイロットのトレーニングに広く使用されているフライトコンピューターと同じ構造。対気速度や距離、燃料消費量、上昇/下降速度、飛行時間といった計算ができる本格的な仕様です。

「Khaki Aviation Converter Auto Chrono/カーキ アビエーション コンバーター オートクロノ」(23万6000円〜/税別)は、9時位置に配置されたスモールセコンドをマットブラックのダイヤルと同系色のブラックに、12時位置の30分積算計と6時位置の12時間積算計をグレーでカラーリングし、モダンな印象に。3時位置には、デイデイト表示も配置しています。

搭載するH-21-Siムーブメントは、標準持続時間60時間のパワーリザーブで、10気圧防水も装備。また、シリコン製ヒゲゼンマイを採用しているため、磁力の影響を受けにくいのも特徴です。

「Khaki Aviation Converter GMT/カーキ アビエーション コンバーター GMT」(16万9000円〜/税別)は、広い青空を思わせる爽やかなスカイブルーのダイヤルが印象的。時針や分針、アプライドインデックスには、ホワイトを採用し、空と雲とのコントラストを想起させます。各所に配されたレッドカラーの差し色がアクセントに。6時位置にはデイト表示を配置しています。

ふたつの異なる時刻を表示できるGMT機能と、80時間の標準持続時間を実現するH-14自動巻きムーブメントを搭載しており、世界を飛び回るアクティブな人にぴったりなモデルです。

シンプルな3針モデルの「Khaki Aviation Converter Auto/カーキ アビエーション コンバーター オート」(13万0000円/税別〜)は、ケース径44mmの上記2モデルと比べ、径42mmのスリムなケースを採用。ダイヤルとベゼルはラックに統一し、クールな雰囲気です。

特徴は、高い耐磁性能を持つ新素材Nivachron合金製のヒゲゼンマイを搭載していること。また、80時間のパワーリザーブを誇るH-10自動巻きムーブメントを採用しています。

ハミルトンの歴史を詰め込んだ3モデルは、どれも10月発売予定です。

>> ハミルトン「KHAKI AVIATION」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆漆黒のハミルトン「カーキ」新作はミリタリーウォッチの王道だ?
◆時間を逆行する注目映画『TENET』の鍵となるハミルトンの腕時計?
◆プレスリーも愛したハミルトンの伝説的なデジタル時計が復刻!?

関連記事(外部サイト)

×