人間工学に基づいた機能美がおうちカフェを充実な時間にしてくれます

人間工学に基づいた機能美がおうちカフェを充実な時間にしてくれます

人間工学に基づいた機能美がおうちカフェを充実な時間にしてくれますの画像

“おうちカフェ”という名称が、すっかり定着してきた昨今。今年は特に家で過ごす時間が長くなっているので、これまで以上に自分のスタイルで、大好きなコーヒーや飲み物を楽しんでいる人が増えています。

最初はコーヒー豆や道具から入った人も、ドリップの奥深さがわかってくると、やっぱりこだわりたくなるがケトル。美しいデザインはもちろん、有名なバリスタが愛用…なんて文字を見ると、そのこだわりの機能に興味津々。世界中で人気のコーヒー器具ブランド・Brewista(ブリューイスタ)から、バリスタが愛用するケトルの新作が登場しました。コーヒー党の方、必見です。

世界中のバリスタが愛用するケトルとして人気の高い「Brewista Artisan Gooseneck Kettle(ブリューイスタ アルティザン グースネック バリアブルケトル)」(2万2000円/税別)から、ふたつの新色「ピュアブラック」「ピュアホワイト」が登場しました。

Brewistaは、 2014年にアメリカで誕生したブランドです。計算された注ぎ口やハンドル部分の持ち心地など、細部にわたり、人間工学の専門家の意見をもとに設計されたケトルは、各国を代表するバリスタが競技会でこぞって使用することで有名に。今やその人気は北米だけでなく、ヨーロッパやオセアニア、アジアと世界中に広がりました。

「Brewista Artisan Gooseneck Kettle」は、世界中のバリスタや人間工学の専門家からのフィードバックをもとに設計された電気ケトルです。スタイリッシュかつ機能的、そして感動的な注ぎ心地が、コーヒーラバーの心をとらえて離しません。

まず注目したいのが、狙ったところに注ぎたい分だけのお湯を正確に注湯できる、細く計算された注ぎ口。注湯量やスピードを自由自在にコントロールできます。また人間工学に基づいて設計されたハンドルは、誰にでもフィットする快適な持ち心地。ドリップしていても疲れません。

40〜100℃まで、用途ごとに最適な温度を1℃単位で設定できるので、コーヒーはもちろん、お茶や料理に適した温度のお湯をすぐに準備できます。電源ベースにはタイマーも内蔵されているので、この1台で時間管理もスマートに対応。

サイズは、W130×D230×H230mm、重さ1.36kg(電源ベース含む)、容量は0.6Lです。

“おうちカフェ”をさらに充実させたとお考えの方。世界中のバリスタ愛用のケトルを使えば、さらにコーヒーのドリップが楽しくなりそうですよ。

>> Brewista「ケトル」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆まるでモダンな“やかん”!ラッセルホブスの調温ケトルでおいしいお茶やコーヒーを
◆レトロポップな電気ケトルでキッチンに彩りを!
◆大容量、保温、温度調節!電気ケトルに欲しい機能をフル装備!

関連記事(外部サイト)

×