ロングとショートの良いとこどり!下町職人が手掛けたふたつ折り本革財布

ロングとショートの良いとこどり!下町職人が手掛けたふたつ折り本革財布

ロングとショートの良いとこどり!下町職人が手掛けたふたつ折り本革財布の画像

財布は長財布(ロングウォレット)とふたつ折り財布(ショートウォレット)の2種類に大きく分かれます。それぞれ一長一短があり、どちらが優れているとは言いがたいものです。例えば、長財布には収納力がありますが、その分大きくかさばります。ふたつ折り財布は、コンパクトで持ち運びやすいものの、お札を折って入れる必要があったり、小銭が取り出しにくかったりします。

そのような財布のデメリットを解消するため、開発されたのがカルトラーレから発売されるL字ファスナー本革ふたつ折り財布「ジャミーウォレットプラス 栃木レザー」(2万3100円)です。

既存のL字ファスナータイプのロングウォレットとショートウォレットの使い勝手とデザインを一から見直し、それぞれの長所を融合させた「ありそうでなかった」財布です。

 

「ジャミーウォレットプラス 栃木レザー」は独自構造により、お札と小銭、カードの収納部分を分けています。これにより、お札は折って収納せずに済み、小銭収納部分もファスナーを大きく開けるため、視認性がよく、小銭の出し入れをしやすくなっています。

また、財布を開くとお札、小銭、カード収納部が一望できるため、財布の向きを変えずにお金やカードを出し入れできるため、レジでもスムーズに支払いが可能です。

収納力も強化されています。お札は10数枚、小銭は15〜20枚程度であれば楽に収納可能。そして、既存のジャミーウォレットと比べて、カードの収納可能枚数を増やしており、内側のカード段を1段から3段、背面に1カ所のカードポケットを追加することで、合計8枚のカードが収納できるようになりました。背面ポケットに交通系の電子マネーを入れると、財布を開けずに済むため便利です。

さらに注目の機能が、小銭入れの裏側にある鍵を1本収納できるスペースの追加です。これでキーケースを持つことなく、財布と携帯だけで済みます。

もちろん、大人が持つに相応しい上質さも実現しており、革は栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)を使用。丈夫でコシがある自然な風合いや、使い込むことで増していくツヤや経年変化も魅力です。一点一点が東京の下町の職人の手作業で丁寧に作られた逸品のため、愛着を深めながら長く愛用できます。

商品名の「ジャミー(Jammy)」には「シンプル」と「幸運な」というふたつの意味があります。いつも身近にあるアイテムだからこそ、シンプルを突き詰めたいという想いと、利用者に幸運が訪れるようという願いを込めて名づけたそうです。

ロングとショートの財布の長所をいいとこ取りした本革財布。出かけるときは、ひとまずこの財布と携帯さえ持っていれば困ることはないでしょう。

>> カルトラーレ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆メイン用のミニ財布なら松阪牛レザーで高級感を出してみない??
◆薄くて軽くてシンプルなミニ財布“フラグメントケース”って知ってる?
◆財布職人が手掛けたキャッシュレス時代にぴったりなミニ財布

 

関連記事(外部サイト)

×