今こそ“買い”のSUV!レジャーモデル&3列シートモデル10選

今こそ“買い”のSUV!レジャーモデル&3列シートモデル10選

今こそ“買い”のSUV!レジャーモデル&3列シートモデル10選の画像

【特集】今こそ“買い”のSUV!
今や、新車を購入しようと考える人の35%が、次期愛車候補にリストアップしているSUV。以前から、走破性の高さや使い勝手の良さなどで人気を得てきたSUVだが、最新モデルは、高級車顔負けのプレミアムタイプ、街乗りに便利なコンパクトタイプ、大勢で移動できる3列シートタイプ、走行性能にも優れるスポーツタイプなど、多種多様だ。そんな旬のSUVの中から、今こそ“買い”の50台をタイプ別にセレクト。今回はアウトドアレジャーに最適な本格派モデルと、大勢での移動がラクな3列シートモデルを紹介する。

■卓越した機能でフィールドでも機動力抜群!
人気上昇を受け、最近、街乗り重視のモデルが続々と登場しているが、やはりSUV本来の真価を感じられるのは、レジャーユースにフォーカスした本格派モデルだ。優れた走破性はもちろん、汚れたレジャーアイテムを気兼ねなく積めるラゲッジスペースや、存在感あふれるルックスなども魅力的だ。
1. 道を選ばない快適な走りと遊びに使える広い室内を兼備
トヨタ
「RAV4」(274万3000円〜)

SUVらしい力強さと洗練された雰囲気を融合したルックスに、遊びのギアをたくさん積み込める大容量の荷室と、大人が快適に移動できる室内空間を内包。パワーユニットは2Lのガソリンエンジンと、2.5Lのハイブリッドを用意する。

 
2. 都市からフィールドまで全領域をカバー
マツダ
「CX-5」(261万8000円〜)

4WD車には悪路走破性を高める “オフロード・トラクション・アシスト” を採用。先頃、設定された特別仕様車「スマートエディション」は、充実の安心安全装備で買い得感も上々だ。エンジンは2.2Lディーゼルターボなど全4種類。

 
3. 独自のメカニズムで悪路も舗装路も得意
スバル
「フォレスター」(286万円〜)

水平対向エンジンと重量バランスに優れる “シンメトリカルAWDシステム” の相乗効果で、優れた悪路走破性を実現。オンロードでの快適な乗り味も評価が高い。広く使い勝手のいい荷室も好印象だ。

 
4. 最新技術で驚異の走破力と快適性を両立
ランドローバー
「ディフェンダー」(499万円〜)

世界屈指のクロカン4WDが2代目へと進化。アルミ製モノコックボディや4輪独立サスペンションなど各部の構造は一新されたが、最新の4WD機構の採用などにより、驚異の悪路走破性は健在だ。

 
5. 個性的デザインと高い実用性を兼備する
シトロエン
「C5エアクロスSUV」(415万円〜)

個性派だが実用性は上々。荷室容量は580Lで、後席の背もたれを倒すと1630Lまで広がる。駆動方式はFFながら、滑りやすい路面でも駆動力を確保する“グリップコントロール”を備える。

 
6. 最新のラングラーはオンロードにも強い
ジープ
「ラングラー」(490万円〜)

ジープブランドのシンボルだけあって悪路での走破性を徹底追求。それでも最新モデルは、各部からのメカノイズが抑えられ、乗り心地は穏やかになり、ロングドライブも随分快適になっている。

■ミニバン代わりに使えて仲間との移動も楽勝!
かつてミニバンに乗っていた人が、その次の愛車として導入するケースが増えている3列シートSUV。仲間や家族といった大勢での移動に対応するのはもちろん、サードシートを使わない時は荷室を拡張できるなど、レジャーユースでの使い勝手にも優れる。ミニバンよりもスタイリッシュなルックスにも注目だ。
7. 約200mmの最低地上高が確保され不整地での走破性もハイレベル
メルセデス・ベンツ
「GLB」(512万円〜)

持て余さない適度な大きさのボディに、 3列シートを収める。2列目席は140mmスライドするため、乗員数に応じて車内をアレンジできる。3列目席を使わない時はフロア部に格納可能。荷室容量は3列目席の使用時が130L、同格納時が500Lで、2列目席の背もたれまで倒すと最大1680Lまで広がる。ラインナップはともに2Lのガソリンターボ×4WDとディーゼルターボ×FFの2種類。

 
8. 絶え間なく進化を続ける国産SUVの代表モデル
トヨタ
「ランドクルーザー プラド」(362万1000円〜)

国産SUVの雄も3列シート車をラインナップしている。先のマイナーチェンジでは、2.8Lディーゼルターボの最高出力が204psへと向上したほか、先進安全装備がさらに充実。黒を基調とする内外装を採用した特別仕様「ブラックエディション」も追加された。

 
9. 3列シートSUVの人気に火をつけた立役者
マツダ
「CX-8」(294万8000円〜)

3列目席は日常的に使っても痛痒を感じないほど広く、もちろん使わない時はフロア部に格納して荷室を拡大できる。パワーユニットは、人気の2.2Lディーゼルターボを始め全3種類を用意。安全装備をさらに充実させ、電動リアゲートも備えた特別仕様車「スマートエディション」にも注目だ。

 
10. ミニバンだった先代からSUVへと転身
プジョー
「5008」(425万8000円〜)

3列目席は必要十分の空間を確保。150mmスライド可能な2列目席により、乗員に合わせて後方の空間をアレンジできる。荷室容量は、3列目席を使わない場合は762Lで、2列目席の背もたれまで倒すと1862Lまで拡大可能だ。
※2020年9月6日発売「GoodsPress」10月号掲載記事をもとに構成しています
>> 【特集】今こそ“買い”のSUV!

<構成・文・写真/アップ・ヴィレッジ>

 

【関連記事】

◆今こそ“買い”のSUV!プレミアムモデル9選?
◆今こそ“買い”のSUV!コンパクトモデル14選?
◆今こそ“買い”のSUV!シティモデル7選?

関連記事(外部サイト)