山時計の雄「PRO TREK」25周年記念モデルはディテールに注目!

山時計の雄「PRO TREK」25周年記念モデルはディテールに注目!

山時計の雄「PRO TREK」25周年記念モデルはディテールに注目!の画像

登山を始めとする山系アウトドアの際に装着する腕時計は、やはり頑丈で機能性に優れたものを選びたいところ。機能を表すかのようなタフなルックスは魅力です。

そんな登山やアウトドア向け時計ブランドとして他の追随を許さないカシオ・PRO TREK(プロトレック)の2020年秋冬シーズン向け新作モデルは、人気コレクション「MANASLU(マナスル)」の世界200本限定スペシャル仕様。世界的に有名なプロ登山家・竹内洋岳氏がプロデュースを担当した注目の1本です!

「MANASLU(PRX-8025HT-1JR)」(22万円)は、最高峰モデルに相応しい?“極限の美” を形にしたPRO TREK25周年記念のアニバーサリーモデル。山登りを嗜む人なら一度は遭遇したい神秘的な自然現象?“ハロ” をデザインモチーフとしており、見る角度によって繊細に変化するペルラージュ模様のベゼルや、同ブランドでは初となる時分針のカット針など、一目でスペシャルさを感じさせる佇まいを備えています。

裏蓋には、25周年を記念したオリジナル立体刻印を配し、竹内氏が日本人として初めて成し遂げた“8000m峰14座完全登頂” を示す14個の星マークをアクセントとしてレイアウト。新開発の高精度コイニング処理により、エッジ感の増した仕上げになっています。

太陽光はもちろん蛍光灯の光も動力に帰るカシオ独自のソーラー充電システム・タフソーラーを搭載し、バッテリー切れの心配はほぼ皆無。マルチバンド6(標準電波受信機能)を含む4つの先進機能により、信頼性が大きく向上した薄型アナログ電波ソーラームーブメントが正確無比な時刻を刻みます。

登山時の必須情報である高度・気圧・方位・温度を計測するトリプルセンサー、これらを計測・表示する際に針の位置を一時的に動かす針退避機能、-10℃まで対応する耐低温仕様、タイマー、アラーム、ワールドタイム(世界29都市対応)、ストップウオッチ、パワーセービング、オートライト機能など、豊富な機能を搭載。

時計ケースとベゼルには高強度で傷が付きにくい64チタンを採用し、さらに耐摩耗性に優れるDLC処理を施行。視認性と傷に強いサファイアガラス(内面無反射コーティング)を組み合わせ、ハードな登山シーンにも耐えうる仕様を実現しています。

10気圧防水も備え、天候の急変にも余裕で対応できます。バンドはチタン製で、ゴールド加工の駒(25周年記念刻印ロゴ入り)は、好きな位置に配置を変えられます。

山男の左腕に極上の輝きをもたらすPRO TERK25周年記念モデル。タフな環境を共に過ごす頼もしいパートナーとなってくれそうです。

>> PRO TERK「MANASLU(PRX-8025HT-1JR)」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆PRO TREK×PETZLのコラボはギア感ハンパない!【GP FRONTLINE】?
◆アカウミガメを守れ!自然を愛する人のためのPRO TREK?
◆ミリタリーカラーでよりアウトドア感がアップしたPRO TREKコラボモデル?

関連記事(外部サイト)