家でもオフィスでも“立つ”バッグインバッグを使ってスマートに仕事しよう!

家でもオフィスでも“立つ”バッグインバッグを使ってスマートに仕事しよう!

家でもオフィスでも“立つ”バッグインバッグを使ってスマートに仕事しよう!の画像

オフィスへの通勤が減り、自宅やカフェ、コワーキングスペース、シェアオフィスなどでのテレワークが増えた2020年。しかし、テレワークを行う環境下では机のスペースが限られている場合多く、仕事に必要な道具を持ち運ぶ際にも、省スペースを意識して携帯することが求められています。

そこで便利なのが、グラノクスから発売されるモバイルツールバッグ「ToolGazer(ツールゲイザー)」(2890円)です。普段使っている仕事道具はもちろん、スマホ用のモバイルバッテリーや、PCのケーブル類などのガジェットなどをひとつにまとめられるバッグインバッグです。

大きな特徴は、省スペースでも立てて使えるように設計されている点。そのため、作業時に近くに立てて置けば、ポケットを手前に倒す(扉を開ける)だけで、バッグに入れた道具がパッと一覧できるようになっています。

サイズはW23×H20×D6cmとコンパクト。一般的なビジネスバッグやリュックに入れるのにはちょうど良いサイズ感となっており、気軽にどこにでも持ち運べます。サイズは小さいものの、収納力は抜群です。グッズを仕分けしながら整理できるよう、大小9つのポケットを設置しています。

大容量のメインポケットにはやA5ノート、iPad miniなどを入れられます。手前に配置されるメッシュポケットは、中身を見られるため、モバイルバッテリーやケーブル類、マウスなど細々としたガジェット類の収納に適しています。

扉を開いて右奥にあるポケットは、大きめのビジネスツールが入る寸法になっており、大型事務用電卓などを入れられます。左奥には、ペンポケットがあり、最大30本程度のペン類が収納可能。はさみや定規など大きめの文房具も収納できます。

この他にも、付箋やメモ、カードなど薄手のものを入れるのに最適な小物ポケットやミニポケットも用意されています。

シンプルで落ち着いたグレーとブラックの2色展開となっており、大人向けのデザインを採用しているため、ビジネスシーンでの使用にも違和感がありません。撥水・防汚加工生地となっているところもうれしいポイント。

10月14日現在、Amazonにて発売中です。

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆待ってました!人気のバッグインバッグにリュック対応モデル登場?
◆日々使うモノはバッグインバッグにまとめて入れておくといろいろ便利!?
◆PCケース?いえいえ、これほぼバッグインバッグです?

関連記事(外部サイト)