Beatsのニューモデルが5000円台ってハイコスパだね!

Beatsのニューモデルが5000円台ってハイコスパだね!

Beatsのニューモデルが5000円台ってハイコスパだね!の画像

Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)と言えば、アメリカの音楽プロデューサー、ドクター・ドレーが設立した人気のイヤホンブランド。これまでも藤原ヒロシや、FENDIやsacaiなどとコラボした商品で話題を呼びました2014年以降はAppleファミリーの一員となり、商品はアップルストアやAppleのオンラインストアなどで購入できるようになっています。

今回、Beats史上最もリーズナブルな金額となる5000円台のプレミアムワイヤレスイヤフォンが登場。「Beats Flexワイヤレスイヤフォン」(5400円/税別)は、Beatsのサウンドへのこだわりはもちろん、Appleのテクノロジーを融合させた魅力的なモデルとなっています。

「Beats Flex ワイヤレスイヤフォン」には、デュアル・チェンバーの音響構造と独自の複層構造ドライバーが採用されており、これにより、高度なステレオ・セパレーションと、重厚で緻密な低音域の出力が可能になりました。

ケーブルは、耐久性に優れたニチノール製で軽量のため、首にかけても気になりません。また、マグネット式イヤーバッドは、耳に装着すると自動的に再生するほか、首の周りでイヤーバッド同士をくっつけると自動的に一時停止するなど、直感的に操作できます。イヤーチップは、あらゆる耳に対応できるよう4種類用意されています。

Class 1 Bluetoothテクノロジーを搭載しており、対応レンジが広くドロップアウトも減少。風切音の低減機能を備えた内蔵マイクにより、クリアな音声での通話が可能です。

また、Apple W1チップを組み込んだことで、Apple製品とシームレスにつながる点も大きなポイントです。電源を入れて、自分のiPhoneやiPadに近づけるだけでセットアップは完了。iCloudと同期しているすべてのAppleデバイスに接続でき、デバイスをシームレスに切り替えたり、バッテリー残量をチェックしたり、オーディオ共有を使用できます。

もちろん、Andoroidデバイスにも対応しており、Bluetoothで簡単に接続可能。Google PlayストアからBeats Appをダウンロードすれば、クイックペアリング、バッテリー残量などのチェック、ファームウェアのアップデートなどの機能も利用できます。

バッテリー駆動時間も改良され、最大12時間の再生が可能のため、一日中音楽を楽しめます。さらに、Fast Fuel機能により、バッテリー残量が少なくなっても、付属のUSB-Cケーブルを使って10分で急速充電し、1.5時間再生できます。

カラーバリエーションはBeatsブラック、ユズイエロー、スモークグレイ、フレイムブルーの全4色。現在、Beatsブラックとユズイエローの2色については、apple.comで予約を受け付け、10月21日から販売を開始。Beats正規販売店では、11月下旬より販売を開始します。スモークグレイとフレイムブルーは2021年初頭に発売予定です。

>>Beats「Beats Flexワイヤレスイヤフォン」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆連続9時間再生。フィット感・軽さ・音質、欲しいもの全て備えたBeatsのワイヤレスイヤホン?
◆最大50時間再生で安心!アンダーアーマーとJBLのコラボモデル?
◆スピーカーから完全ワイヤレスが出てきた!ってナニコレ??

関連記事(外部サイト)