4シーズン使えるシングルウオールが重さ1.85kg! 設営簡単な本格テント

4シーズン使えるシングルウオールが重さ1.85kg! 設営簡単な本格テント

4シーズン使えるシングルウオールが重さ1.85kg! 設営簡単な本格テントの画像

秋冬もミニマルなソロキャンプを楽しみたい人に、ZEROGRAMから待望の厳寒期対応テント「Papillon EXP(パピヨン エクスペディション)」(9万4000円/税別)が登場しました。厳しい環境下にも十分耐えるスペックを備えた高機能シングルウオールテント「Papillonシリーズ」最新モデルにして、ブランド初となる4シーズンテントです。

2012年のブランド設立当初よりリリースされている「Papillon」シリーズは、 悪天候にも耐える耐風性に優れた構造を最大の特徴とするシングルウオールテント。独特のクロス構造と両サイドに張られたったガイラインが強風に負けない安定性を確保、休息場所をすばやく確保できるシンプル構造にも定評があります。

「Papillon EXP」 は、特に厳冬期の使用を想定して開発されたシリーズ初の4シーズン用テント。一般にシングルウオールテントの弱点とされている結露の不安を軽減するために、本体の素材には透湿性の高い3レイヤー Pertex ShieldSUPER を採用。

さらに、DWRによる耐久撥水コーティングを施すことで、7000g/1m?/24hの透湿性能と、10000mmの耐水圧性能とを両立させています。加えて、空気の出入りの多い入口とベンチレーション部分には、特に撥水性と強度に優れたモノフィラメント素材を配置し、不快な結露を最小限に抑えます。

構造面に関しては、湿った雪など冬場の過酷な気象環境に耐えるべく、通常の2ポールクロスに1ポールを加えた3ポール構造を採用。ポールには安定性の高いDAC Jack フットシステムを用いることで、荒天時の強風にも備えます。

設営も撤収もすばやく行えるシングルウオール、急いで設営したいときにもポールが瞬時に区別できるよう、長いポールと短いポールとで色を変えるといった何気ない工夫もうれしいところ。

設営時サイズは長さ220cm×高さ100cm、幅は前方134cmで後方110cmと、ソロキャンプなら手周り品も入れられる十分な広さ。居住性をアップさせるためのオプションとして、専用の前室 (2万2000円/税別)とフットプリント(7000円/税別)もラインナップされています。

本体重量は最小構成ならわずか1.85g、専用オプションをフルに揃えても約2.8kg。寒さの中でこそ自由を満喫したいあなたの冬の相棒にいかがでしょう。

>> ZEROGRAM

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆巻物から取り出す「ニンジャテント」は驚きのカラクリが満載でした?
◆湿気の多い日本でも結露の不安なし!ヒルバーグ「アナリス」を試してみた
◆森に馴染みすぎる「DDピラミッドテント MC」で野営系ソロキャンプしてみない?

関連記事(外部サイト)