財布の中にまた財布!?でもこれは便利かも

財布の中にまた財布!?でもこれは便利かも

財布の中にまた財布!?でもこれは便利かもの画像

毎日持ち歩く財布ですが、なかなか満足のいくものに出会えないのはナゼなんでしょう。ライフスタイルによって自分にピッタリの財布が違うのはもちろんですが、行き先や出かける目的など、その時々で財布のちょうどいいサイズ感は変わるもの。出かける先によってバッグを変えるように、財布もシーンによって簡単に使い分けられたら便利ですよね。

クラウドファンディング・Makuakeにて現在プロジェクト進行中の「ドッキングする財布」(1万2800円〜 10月26日現在)は、3つの財布が簡単に合体・分離して、用途に合わせて使い分けられる本革財布。お金やカードを入れたまま着脱ができるので、中身を入れ替える手間もナシ!

マトリョーシカ人形の発想から生まれたという「ドッキングする財布」は、国産本革を使用したメインの薄い財布の中に、カードサイズのミニ財布、さらにその中にコインケースと、3つの財布から構成されています。この3つを単体で使ったり、組み合わせたりして使うことで、それぞれのシーンにちょうどいいサイズの財布を持ち歩けます。

一番大きい、といってもW125×D10×H90mmとポケットにすっぽり収まるサイズの、メインの薄い財布には、紙幣や使用頻度の低い身分証、カードなどを収納。紙幣をたくさん入れてもばたつかない押さえが付いています。

二番目に大きいサイズとなるミニ財布は、カードの収納にちょうどいいW110×D6×H67mm。カードやいざという時の隠し紙幣などを収納できます。フタを止める金具が取り付けられており、これに貫通させることで中身がこぼれず、また奥に行き過ぎることなく中身を出しやすい高さに固定できます。

一番小さなコインケースは、W86×D6×H55mmと、カードと同じサイズ。コインを15枚入れても厚さは1cm程度と薄く、ランニングや犬の散歩、宿で温泉に入りに行く時など、身軽に出かけたい時に最適です。

「ドッキングする財布」は、機能性はもちろん、道具としての純粋な心地よさにもこだわっており、素材には、使い込むほどに色合いや光沢が増し、手に馴染む本革を使用。また縫い糸には強靭なケブラーを使用しており、素材がもつ魅力を存分に引き出すためシンプルなデザインが採用されています。カラーはキャメルとブラックの2色展開です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆究極の軽さと機能美を求めたミニ財布?
◆わずか9cm角なのに小銭入れも付いたアイデア構造のミニ財布?
◆無印良品の本格ヌメ革“ミニ財布”がリーズナブルなのに高級感ありまくり!?

関連記事(外部サイト)