自然の中で楽しむコーヒーは木製ドリッパーで淹れてみませんか?

自然の中で楽しむコーヒーは木製ドリッパーで淹れてみませんか?

自然の中で楽しむコーヒーは木製ドリッパーで淹れてみませんか?の画像

空気が澄んだ気持ちの良い季節になってきました。今年は例年以上にアウトドアを楽しむ人が増えているとのこと。解放された自然の中で淹れるコーヒーの美味しさは格別ですよね。そんなこだわり派のあなたにご提案。さらに自然と一体化できる木製のコーヒードリッパーはいかがですか。軽くて持ち運びしやすい、セパレート式のおしゃれなドリッパーを紹介します。

「野外の空間でも自然素材を使った食器で楽しく食事ができるように」というコンセプトのもとで生まれた、木製食器ブランド・FORESTABLE(フォレスタブル)から、木製のコーヒードリッパーが10月30日に登場します。

「フォレスタブルコーヒードリッパー」(3200円/税別)は、珍しい木製のコーヒードリッパー。セパレート式になっているので収納時には小さくまとめられ、軽量なので持ち運びも便利なのが特徴。これならキャンプやハイキングのお供に気軽に持ち歩けそうです。

「木製のドリッパーって、軽すぎて安定しないんじゃないの?」という方、心配ご無用! 各パーツを安定させるシリコンパッキンがついているので、野外でも安心して使えます。さらに、初回販売ロットに限り、特製収納用バッグ付き。アウトドアで自然素材のドリッパーを使って淹れるコーヒー、最高です。

せっかく木製ドリッパーを使って淹れたコーヒーを、いつものカップで飲むのはちょっと味気ないもの。合わせてカップホルダーも揃えてみませんか?

「フォレスタブルカップホルダーM」(1000円/税別 ペーパーカップ10 個付き)は、木目の色合いが温かい雰囲気と高級感を醸し出すカップホルダー。木の特性を活かすことで、ペーパーカップに注いだ飲み物の保温効果を高め、熱い飲み物をいれても持ちやすくなります。

エスプレッソ派におすすめなのが、「フォレスタブルククサカップS」(1200円/税別)。木のコブからくりぬいて作られるフィンランドで生まれた木製のマグカップ「ククサ」をモチーフにしています。「ククサカップS」は、すでに発売されている「ククサカップM」(1800円/税別) をより小さくしたもので、エスプレッソを味わうのはもちろん、酒器としてもちょうどいいサイズ感です。

森林浴を楽しみながら、自然と一体化した心地よい時間を過ごすなら、食器もぜひ自然素材で。ちょっとしたこだわりがアウトドアライフをさらに充実させてくれます。

>> 籐芸

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆スタンレーのフィルター付きドリッパーでアウトドアでも美味しいコーヒーを?
◆コーヒーへのこだわりが極まっちゃったらあとは自家焙煎しかないかも
◆挽いて落として保温も可!オールインワンタンブラーでどこでも淹れたてコーヒーを?

関連記事(外部サイト)