リモートワーカー急増で再注目!ビジネスリュックは「大容量」に回帰【コロナ時代の新潮流】

リモートワーカー急増で再注目!ビジネスリュックは「大容量」に回帰【コロナ時代の新潮流】

リモートワーカー急増で再注目!ビジネスリュックは「大容量」に回帰【コロナ時代の新潮流】の画像

【特集】コロナ時代の新潮流
もはや仕事カバンの主流となったビジネスリュック。中でも最近は薄マチのコンパクトモデルが人気だったが、夏以降はリモートワーカー急増を背景に大型モデルが売れているという。そこで、再び注目を集める大容量ビジネスバッグの新作をチェック!

 
■高まる大容量ビジネスリュックの需要
ビジネスコーデのカジュアル化が進んだことで、リュックや3WAYなど背負える仕事カバンの利用者が増加。特にビジネスリュックに関しては、もはや主流と言えるまでに普及した。さらに近年は“電車マナー” に配慮した薄マチのスリムなリュックが人気だったが、夏以降そのトレンドに変化が見られると、バッグ事情に詳しいスタイリスト宇田川さんは話す。

「リモートワークの拡大に伴い、パソコンを持ち運ぶ人が増えたことから、大容量タイプが売れているようです」

これまで会社で行っていた仕事を自宅でするため、パソコンや書類などを持ち帰る人が急増。会社〜自宅間の荷物が増えたため、大容量ビジネスリュックの需要が高まったという。

「また、自宅ではなかなか仕事が進まず、近所のカフェで作業をする人も多いはず。その場合も、大容量タイプなら仕事道具をまとめて収納できます」

リモートワークが働き方の一つとして広がった現在、大容量ビジネスリュックの注目度が高まることは間違いない。

スタイリスト・宇田川 雄一さん
モノ情報誌やファッション雑誌から、Webや広告、ショートフィルムまで、数多くの媒体で活躍するスタイリスト。特にスーツや革靴、バッグなどビジネスアイテム全般に造詣が深い

 

■注目の大容量ビジネスバッグ
1. オン・オフ問わず、幅広く活躍する機能が満載!
トゥミ
「ハリソン「オズボーン」ロール・トップ・バックパック」(6万9300円)
カジュアル感のあるロールトップを見事にビジネス対応に仕上げています(宇田川さん)
ロールトップ仕様ながら、洗練されたデザインでビジネスユースにもタウンユースにも対応するバックパック。15インチPCを収納でき、小物を仕分けして入れられるポケットを搭載するなど、大容量モデルならではの多彩な機能が詰まった注目作となっている。 W31×H44.5×D12.75cm

 
2. 大型だが約1.1kgと軽く撥水仕様で使い勝手抜群!
ブリーフィング
「NEO FLAP PACK MW WP」(4万2900円)
水に強くマチのあるデザインなので、自由度が高いのが魅力です(宇田川さん)

通常のナイロンより耐久性に優れる840デニールのバリスティックナイロンを採用。さらに表地×透湿防水プリウレタン×トリコットの3層構造にすることで、強度と防水性を高めている。ファスナーは止水仕様。フロントと両サイドには大型ポケットを搭載する。 W28×H47×D18cm

 
3. 背負いやすい独自構造で荷物が重くても安心!
エース
「EVL-3.5 LP」(3万3000円)
大容量だからこそ、負担を軽減してくれる仕様がとても助かります(宇田川さん)

出張にも便利な2気室構造。前側のメイン室は大きく開き、15.6インチのPCを収納できるクッションスリーブを備える。荷重を分散するショルダーハーネスを採用し、骨盤に合わせて動く独自開発の「ランバームービングシステム」を搭載。リュックの揺れによる服の摩耗も軽減。 W33×H47×D17cm

 
4. 持ち方は自由自在!15インチPCも収納可能
ポーター
「PORTER UPSIDE 3WAY OVERNIGHT BRIEFCASE(L)」(4万5650円)
サッと前抱えできるのが◎。斜めに背負えば自転車通勤に活躍!(宇田川さん)

バッグの周囲全体に大きく配したメインファスナーが特徴。これにより開けやすく、また縦向きでも両横向きでも使用できる。1680デニールのコーデュラバリスティックナイロンで丈夫なところも◎。 折りたたみ傘やペットボトルが入る大型フロントポケットも見逃せない。W35×H50×D17cm

 
5. ビジネスユースに必要な収納スペースが全部入り!
インケース
「ICON Backpack」(3万1900円)
幅広いコーデに合わせられます。軽く感じる背負い心地もポイント(宇田川さん)

インケースはノマドワーカー向けのラップトップリュックの先駆者的存在。その代表モデル「ICON」は2気室構造の大容量。ポケットも多彩でビジネスアイテムをすべて整理して収納できる。それでいて約1.2kgと軽く、人間工学に基づいた設計で背負いやすいのも魅力。 W33×H48×D23cm

>> 【特集】コロナ時代の新潮流
※2020年10月6日発売「GoodsPress」11月号掲載記事をもとに構成しています
<取材・文/津田昌宏 スタイリング/宇田川雄一>

 

【関連記事】

◆ザ・ノース・フェイスが考えるカバンの流儀【ぼくらが惹かれるTHE NORTH FACE】?
◆「Google×サムソナイト」の近未来リュックはジャスチャーでアプリが操作できる!
◆落ち着いた黒いバッグこそビジネスシーンによく似合う?

関連記事(外部サイト)