世界初のチタン製腕時計誕生から50年!シチズンのチタニウムモデルを振り返る

世界初のチタン製腕時計誕生から50年!シチズンのチタニウムモデルを振り返る

世界初のチタン製腕時計誕生から50年!シチズンのチタニウムモデルを振り返るの画像

軽くて錆びにくく、金属アレルギーを起こしにくいという特性を持つチタニウム。今では腕時計のケース素材として欠かせない存在となっているこのチタニウムを、いち早く取り入れたのがシチズンだったことをご存じですか?

そんなシチズンによる世界初のチタニウムウオッチの発売から50年を迎えたことを記念し、「コズミックブルー コレクション」のリリースが決定しました。チタニウム技術との関係の深い “宇宙” をモチーフとした、深い青のダイヤルが印象的な4モデルです。

アポロ計画の宇宙船に採用された素材としてチタニウムが注目されたのは1960年代。このチタニウムを使った世界初のチタニウムウオッチ「X-8 コスモトロン・クロノメーター」をシチズンがリリースしたのは、今からちょうど50年前の1970年でした。

さらに、2000年にはシチズン独自の表面硬化技術「デュラテクト」を施すことにより、ステンレスの約5倍の表面硬度となめらかな鏡面仕上げを実現する「スーパーチタニウム」を開発。他の金属に比べて軟らかく加工するのが難しいチタニウムの弱点を克服し、軽くて錆びにくいといった特性に、タフさをプラスすることに成功しました。

このスーパーチタニウムは、2022年に月面着陸を予定している「HAKUTO-R」の一部パーツに採用されるそうで、ますます期待を集めています。

そんなチタニウム技術の誕生から50周年を記念したフラッグシップモデル「SATELLITE WAVE GPS F950」が発表されましたが、同時に「コズミックブルー コレクション」のリリースも決定。

シチズンを代表する3ブランドから「シチズン アテッサ CB0219-50L」(世界限定2200本、10万円/税別)、「シチズン アテッサ CC4015-86L」(世界限定1300本、26万円/税別)「シチズン クロスシー ES9466-57L」(世界限定1500本、10万円/税別)、「シチズン エクシード AS7164-99L」(世界限定700本、19万円/税別)の全4モデルが登場します。

印象的なのは、宇宙をイメージしデザインされた文字盤。4モデルともデザインは少しずつ異なりますが、共通して、神秘的な宇宙空間を思わせるブルーのカラーリングの中に、星々のような煌めきが散りばめられています。

ケースとバンドには、耐摩耗性に優れた「デュラテクトDLC」を採用。すりキズに強いだけでなく、美しいツヤを持つブラックカラーと滑らかな肌触りも特徴で、モデルごとに表面仕上げを変えることでそれぞれ異なる印象を与えます。

宇宙と腕時計の歴史に思いを馳せる記念モデルの発売は、2021年1月2日です。

>> CITIZEN「コズミックブルーコレクション」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆土佐和紙の文字盤に雪が舞う、美しき「ザ・シチズン」25周年記念モデル?
◆シチズンの技術を結集したチタニウム製サテライトウェーブが誕生!?
◆強く軽く艶やかな“黒”が存在感を際立たせる「シチズン エコ・ドライブ ワン」?

関連記事(外部サイト)