何かと話題のハンコだけど、名前シール作る時は便利だよね

何かと話題のハンコだけど、名前シール作る時は便利だよね

何かと話題のハンコだけど、名前シール作る時は便利だよねの画像

テレワークの普及で、その存在意義が問われたハンコ。今まで当たり前だと思っていた常識が、根底から覆される出来事も増えてきましたね。とはいえ、ハンコの活用方法は書類の捺印だけではありません。時には、自分の持ち物であることを証明する、大事な目印になることも。そんな “お名前シール” としてハンコを活用したくなる便利なハンコ専用丸型シール「ぺたまる」(300円/税別)が登場しました。これは思わずハンコを連打したくなりそうです。

これまであった「お名前スタンプ」は、特殊なインクを使用することで、コーティング加工された紙やプラスチック、金属やビニールなど、インクを吸収しない素材にも押せるのが特徴でした。しかし、通常の朱肉や“シャチハタ”などの浸透印のインクだと、これらを吸収しない素材には押せないという問題が。それを解決するのが、ハンコ専用お名前シール「ぺたまる」です。

「ぺたまる」は、透明保護フィルムつきで耐水性の高い素材でつくられたハンコ専用シールなので、どんなものにも貼り付けられて、水洗いもOK。事務用品はもちろん、ペットボトルなどの飲み物や保管したいおやつ、詰め替えたコーヒー豆の瓶、お弁当箱や哺乳瓶など、あらゆるものにペタッと貼り付けられて便利です。

「ぺたまる」のスゴイところは、水洗いできるだけでなく、熱湯での煮沸消毒にも耐えられる素材を使用している点。これなら、子どものお弁当箱や哺乳瓶など、衛生面に気を配りたいものでも安心して使えます(オーブンやグリルでの使用はできません)。

好きなイラストやキャラクターが入ったハンコなら、自分の持ちものの?“しるし”により深い愛情を注げそう。同社の「ずかんシリーズ」などを上手に活用すれば、個性的なハンコを用いたオリジナル “お名前シール” も簡単に作れます。

「ぺたまる」は、1シートに10枚×2シートの20枚入り、直径は18mmです。シールの中心にきれいに押すコツは、透明の部分が2mmくらい見えるまでフィルム部分をゆっくりと剥がし、シールとスタンプの枠が重なるラインを目安にハンコを軽く押すこと。

「ぺたまる」を使って、日常生活にちょっとした遊び心を取り入れるだけで、おうち時間やオフィスでの時間も楽しくなりそうです。

>> 岡田商会

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆「〆切り、やばみです。」このはんこガチャ、使えそう?使ってみる??
◆そろえたくなる!PCキーでハンコが押せる「キー印」のラインナップが増えたぞ!?
◆新元号は目の前!ところで訂正ゴム印が必要になりそう、って知ってた?

関連記事(外部サイト)