ちょうどいいサイズ感!経年変化を楽しむガンゾのオールインワン財布

ちょうどいいサイズ感!経年変化を楽しむガンゾのオールインワン財布

ちょうどいいサイズ感!経年変化を楽しむガンゾのオールインワン財布の画像

スマホ決済やクレジットカードなどキャッシュレス化が進んでいますが、それでもやっぱり財布にはこだわりたい。

どうせ購入するなら長く愛用できるものが欲しいなと思っている時に見つけたのが、日本を代表するレザーブランド・GANZO(ガンゾ)の「THIN BRIDLE(シンブライドル)BOX 小銭入れ付きコンパクト札入れ」(4万7300 円)です。

ガンゾを代表する素材“ブライドルレザー”を使った財布ですが、何よりもオススメしたいポイントが、自分色に経年変化を楽しみ育てられるという点。

大きすぎず小さすぎない現代の生活スタイルにピッタリなサイズ感も魅力。その上、小銭入れも付いているオールインワンタイプ。長く使えるタフさもありながら使い勝手抜群の財布でした。

長く愛用して自分の財布を育てるという感覚をぜひ味わってみてください。

 

■長く付き合うほどに楽しめるブライドルレザー
ブライドルレザーとは、革の表面に染み出した“ブルーム”と呼ばれる白い刷毛目の跡が最大の特徴の牛革です。使い始めはマットな表情を見せていますが、使い込むうちに摩擦や手の脂によって独特の艶が現れ、自分だけの“ハンドグレージング”による経年変化を楽しめます。

また、革自体がオイルを含んでいるので、他の革と比べて水に強いのも特徴。元々は馬具として使われてたこともありタフさも魅力です。

ガンゾでも人気の、この「シン ブライドル」は、外装にブライドルレザー、内装にはショルダーヌメを合わせることで、スマートさと革本来の存在感、そして経年変化を楽しめる財布です。

 
■手のひらにちょうど収まるサイズ感
この財布のポイントのひとつが、利便性とコンパクトさのバランス感。

手ぶらで出かけるようなミニマルなライフスタイルが人気の中、財布もミニサイズが主流。ただやはり、小さければ小さいほど容量は少なくなるので心許ないのも事実。でもこの財布は、お札とカードが6枚入るだけでなく、小銭入れ部分がボックス型で視認性に優れています。また、大きすぎず小さすぎないサイズ感も絶妙です。

このサイズであれば、ボディバッグのような小さなバッグにピッタリで、パンツのポケットにだってちょうどいい大きさと厚さです。

 
■長く愛用できるホンモノの物づくり
財布や革製品を選ぶ際にチェックした方がいいのが、革の裁断面であるコバの処理。艶を出すために顔料で塗装した場合、一見綺麗に見えますが、塗装が剥がれてしまうとそこから見た目が悪くなってしまいます。ガンゾの場合は職人さんによる磨きで艶を出しているため、コバからダメになってしまうことが少ないのも魅力です。

また、使い勝手の良さもガンゾならでは。Made in Japanだからこそ、日本のライフスタイルにあった使い勝手を提案できるというわけです。かゆいところに手が届く利便性です。

札入れなど見えない部分はナイロン素材を使ってスリム化やコストを下げたりしている財布も多い中、ガンゾは内側もレザーを使っているため耐久性が高く、長く愛用できます。革を使用することでお札の滑りも◎。

*  *  *
ブライドルレザーはお手入れも比較的簡単です。元々オイルやワックスが入っているので、使っているうちに手の脂なども加わり長い間ツヤを保ちます。天然繊維の布やブラシで乾拭きをしてあげるだけで、ワックスが必要な部分に浸透していくので、あまり手間をかけずにツヤを引き出すことも可能。購入店舗に持っていけば職人さんによる修理も行ってくれるなど、アフターケアもしっかりしています。

しっかりした手仕事で作られたものだからこそ長く愛用できる。そして自分だけの財布に育てられる。それこそがガンゾの最大の魅力なのかもしれません。

>> ガンゾ

<取材・文/宇田川雄一>
宇田川雄一|スタイリスト。大学卒業後、アシスタントを経て2008年フリーに。モノ誌やWeb媒体を中心に、広告、PVなど幅広く活動。メンズのビジネススタイルを得意とし、雑貨、インテリアなどライフスタイル全般にわたってスタイリングしてきた経験を生かし、執筆も行っている。
 

 

【関連記事】

◆ダウンの時にちょうどイイ!BRIEFINGのミリタリーなボディバッグ
◆オン・オフに効く!進化系ミニ財布7選【コロナ時代の新潮流】
◆薄マチで機能的でレザーでミニマル!これぞ大人の通勤リュックです

関連記事(外部サイト)