ランチにぴったり!約15分で炊きたてごはんとホカホカおかずが完成!

ランチにぴったり!約15分で炊きたてごはんとホカホカおかずが完成!

ランチにぴったり!約15分で炊きたてごはんとホカホカおかずが完成!の画像

2019年12月の発売以来、累計8万台を売り上げたサンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。1食分のごはんを最短15分で炊き上げる手軽さがウケて、一躍スマッシュヒットとなったアイデアグッズです。

ただこれからの寒い時期、炊きたてごはんのお供には、やっぱりあったかいおかずが食べたくなりますよね。そこで「ごはんが炊けるだけの熱量があれば、もしかしておかずも温められるんじゃね?」という発想から生まれた新製品「お米もおかずもこれ一台!2段式超高速弁当箱炊飯器」(7980円)をご紹介します。

「お米もおかずもこれ一台!2段式超高速弁当箱炊飯器」は、昨年発売の「おひとりさま用弁当箱炊飯器」の進化形で、炊飯と同時におかずの温め調理もできるようになった新モデル。

計量して洗った米と適量の水を炊飯釜に入れたら、付属のおかずトレイに食べたいモノを入れて炊飯釜の上にセット。あとはこれまで同様、ケーブルを電源につないでスイッチを入れるだけ。炊飯時の水蒸気を利用してトレイの中身も一緒に加熱、ごはんが炊き上がるころにはおかずも熱々の状態でおいしくいただけるというわけです。炊飯時間は0.5合なら約15分、1合なら約20分が目安です。

おかずトレイは最大容量400ml、大盛りのレトルトカレーもまるまる入る大容量。餃子やシュウマイなどの冷凍食品やコンビニ惣菜、おでんなどを温めてもいいし、健康志向の人なら、好みの野菜でホットサラダなんてのもいいですね。

丸洗い対応の本体はお手入れも簡単だし、おかずトレイに市販のクッキングシートを敷いてから使えば食後の片付けはさらにラク。貴重なランチタイムにオフィスの電子レンジの順番待ちをすることなく、自分の席で炊きたてごはんと熱々おかずをいただけるのって、かなりうれしいかも!

本体サイズは240×100×113mm、重さは877gと「おひとりさま用弁当箱炊飯器」からほんのちょっぴり大きくなっただけ。手持ちのポータブル電源と一緒に使えば、アウトドアや車中泊などいつでもどこでもホカホカごはんが楽しめますよ!

>> サンコー

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆14分でほっかほかのTKGが!弁当箱型炊飯器はひとり暮らしの強い味方です!?
◆面倒くさがり屋の私にピッタリ!ほったらかしている間にできた角煮が美味すぎた!?
◆見た目よし!機能よし!1人暮らしにぴったりなスタイリッシュ炊飯器?

関連記事(外部サイト)