白スニーカーを探しているならアディダスの名作モデルで

白スニーカーを探しているならアディダスの名作モデルで

白スニーカーを探しているならアディダスの名作モデルでの画像

白いスニーカーは、スタイルを問わず幅広くコーディネートしやすいため、一足は持っておくと重宝します。しかし、白いからこそ汚れやすくお手入れが大変なのも事実。せっかく念入りに手入れするなら、こだわりの白スニーカーを用意したいところ。

そこでおすすめなのが「adidas Originals - SUPERSTAR - for TOMORROWLANDレザースニーカー」(1万5400円)。人気セレクトショップのトゥモローランドによる、アディダスの名品「スーパースター」別注モデルです。

アディダスのスーパースターは、ブランドを代表する定番の名作シューズです。補強のためにサイドに配された3本のストライプのバンドは、ひと目でアディダスとわかるアイコン的存在。

もともとバスケット用シューズとして開発され、それまで主流だったキャンバス製シューズに対し、レザーを素材に用いた軽快な履き心地を提案しました。その後、アメリカのヒップホップ・グループ、RUN-DMCが愛用したことから、ヒップホップなどのカルチャーシーンでも注目を浴びるように。

別注モデルのブランド「adidas Originals」は1972~96年まで使用されていた三つ葉 “トレフォイル” ロゴを用いており、人気の高い70~80年代のデザインを、現代のスタイルに合わせて提案するブランドです。

今回、別注モデルのポイントは大きく5つあります。ひとつ目はアッパーのソフトレザー。高級感のあるピュアホワイトカラーで、カジュアルなスタイルにはもちろん、上品なコーディネートにも好相性となっています。

ふたつ目のポイントは“シェルトゥ”と呼ばれる、貝のような独特な形状のつま先部分とアウトソール。このパーツの色味がビンテージ感のあるやや黄味がかったオフホワイトなので、こなれた印象を与えてくれます。

その一方で、3つ目のポイントとしてヒールパッチとインソールには上品なグレージュカラーを採用。着脱の際に汚れが付着しやすい箇所でもありますが、このパーツの汚れが目立ちにくく改良されており、また白とは異なる色味がほど良い存在感を主張してくれます。

4つ目のポイントはサイドにあるモデル名のプリントとシューレースキャップ。ここを白によく合うゴールドで統一しているため、エレガントな雰囲気を醸し出します。

最後のポイントは、ふっくらとしたシュータン。袋縫い仕様で肌あたりや足なじみが良く、快適な履き心地を味わえます。

時代を超えて愛される永遠の定番モデルには、履きやすさとデザインの工夫がふんだんに詰まっています。あなたもこだわりの別注モデルで白スニーカーを履きこなしてみませんか。

>> トゥモローランド

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆白スニーカー好きは要チェック!本格ランシューの日本限定モデル 
◆さりげない赤がイイ!80年代のクラシックな印象を与える白スニーカー 
◆早く知りたかった!自宅でも「白スニーカー」を復活させられる5ステップ 

関連記事(外部サイト)