研磨、バリ取り、錆落とし…軽量グラインダでDIYをレベルアップしよう!

研磨、バリ取り、錆落とし…軽量グラインダでDIYをレベルアップしよう!

研磨、バリ取り、錆落とし…軽量グラインダでDIYをレベルアップしよう!の画像

昨今のDIYブームにより、一般的に使われるようになってきた “ミニグラインダ” 。金属などの研削や研磨作業、細かな加工にもあると便利です。

電動工具ブランドのHiKOKI(ハイコーキ)から、操作性と安全性に優れた電子ハンドグラインダ「GP 2V(SC)」(5万1100円/税別)が登場。磨きなどのちょっとした仕上げ作業が、日曜大工を本格的なDIYに変えてくれるはず!

「GP 2V(SC)」は、2013年に生産終了となった同社の「GP 2V」を改良。二重絶縁になったことにより安全性が向上しており、基礎絶縁が故障しても付加絶縁がカバー。危険電圧が流れ出さない構造で感電を防いでくれます。

また、本体がコンパクトかつ軽量になったことで操作性もアップ。握り部の胴径は52mmと缶コーヒーほどのサイズなのでしっかり握りやすく、重さも0.9kgと軽いため連続して使っても疲れにくくなっています。

回転数は15000〜30000回/分で、ダイヤル式無段変速になっているので、素材に合わせて細かく調整すできます。バリ取りなどの仕上げ作業にも最適です。

なお、先に取り付けるトイシは別売り。軸径φ3用のコレットが標準付属しており、軸径φ3、φ6の軸付トイシが使用可能となっています。軸の回転をロックできる、スピンドルロック機構が付いているのでトイシの交換も簡単。

電源はコンセント式。コードの長さは2.5mあるので、ある程度コンセントから離れていても使えます。年末の大掃除に、細かな部分の錆落としでも重宝しそう。

>> ハイコーキ「電子ハンドグラインダ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆一度使うと手放せない!本格工具の“モノ語り”【グッとくる工具2020冬】?
◆今どきギアはココまで進化!最新デジ・アナ工具10選【グッとくる工具2020冬】?
◆電動工具の最新ハイスペック機はスマホで操作感のカスタムができるって!?

関連記事(外部サイト)