60年代のテイストで“古き良き” 時代を感じせさる機械式スイス時計

60年代のテイストで“古き良き” 時代を感じせさる機械式スイス時計

60年代のテイストで“古き良き” 時代を感じせさる機械式スイス時計の画像

1861年にスイスに時計工房として生まれ、1989年に自らの時計ブランドを立ち上げた、歴史ある「DAVOSA(ダボサ)」。現在も、グループに属さない独立系ブランドとして、スイスメイドの品質にこだわりつつ手ごろな価格で提供できる時計を作り続けています。

そんなDAVOSAより、1960年代の時計をイメージした「テルノス シックスティズ」(9万6800円〜)が登場。ミネラルガラス製の風防とアルミニウム製のベゼルを採用した、“古き良き” 時代を感じさせるモデルです。

1960年代を思わせるヴィンテージテイストの自動巻腕時計「テルノス シックスティズ」。"素晴らしい機械式時計の文化をより多くの人々に広めたい"というブランドの信念をもとに、クォーツショックが起こる前の素朴な機械式時計を表現しています。

独特のアンティーク感を醸しているのが、ドーム型のミネラルガラスと、それを囲むマットに輝くアルミニウムベゼル。今や、時計にはあまり採用されなくなったアルミニウムは経年劣化を楽しめる素材でもあるので、時が経つことでさらにヴィンテージ感が増していきます。

さらに、あえてデイト表示をなくし、バーインデックスと三針のみのミニマルなデザインのダイヤルがレトロな雰囲気をプラスしています。針とインデックス、ベゼルドットにスーパールミノバを塗布し、暗所での視認性も確保。

ケースには、錆びにくいステンレススチールを採用し、10気圧防水を備えているので日常使いに最適です。

カラーはブラック、ブルー、バーガンディの3色展開。「ステンレスブレスモデル」(10万4500円/税別)のほか、ベゼルカラーと同色のヴィンテージ加工を施したカーフストラップを合わせた「レザーベルトモデル」(9万6800円/税別)がラインナップしています。

歴史のある本場の時計メーカーだからこそ生み出せる本物のヴィンテージ感をまとったモデルが、10万円前後という低価格で手に入るのは嬉しいですね。

>> DAVOSA「テルノス シックスティズ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆思わず二度見!ユニークな機械式腕時計が遊び心たっぷり?
◆まさに高級ミリタリー!グリーンに輝くドイツ機械式腕時計?
◆二つ目とスエードストラップのレトロさが魅力の機械式クロノグラフ?

関連記事(外部サイト)