冬用寝袋に悩むならマイ布団を寝袋化してみない?

冬用寝袋に悩むならマイ布団を寝袋化してみない?

冬用寝袋に悩むならマイ布団を寝袋化してみない?の画像

冬シーズンのキャンプに絶対欠かせないのが、心底冷える夜を暖かく過ごすための寝袋です。冬用の寝袋はさまざまな機能性を備えていますが、当然ながら値段もそれなり。手が出せず、冬キャンに興味があっても参加は見送っている…という人も多いのではないでしょうか。

アウトドアブランド・DOD(ディーオーディー)より発売中の「FUTON CAMPER(フトンキャンパー)」は、目から鱗のナイスアイデアが光る冬キャン対応の掛け布団カバー。何と普段使っている掛け布団を、寝袋として使えるようになるんです!

仕様は至ってシンプルで、「フトンキャンパー」の中に掛け布団を入れるだけ。布団を縦方向に畳み、コの字状に配されているファスナーを閉めればあら簡単。あっという間に寝袋の出来上がりです。

ファスナーの先端部には、マジックテープ留めのファスナーストッパーが配置されており、寝袋状態での就寝時にファスナーが勝手に開かない仕様。また、カバー内側の四隅には滑り止めが付いており、カバー内で布団がズレにくくなっています。ファスナーを閉じなければ、そのまま普通の布団カバーとして使用できます。

表側の生地は抗菌加工を施したポリエステル100%で、サラサラの手触りが快適。顔の左下位置にスマホ収納用のポケットが備わっているので、起床時にスマホが行方不明になる心配はありません。裏地は綿100%で、肌触りの良さはいうまでもなく抜群です。

シングル(5500円)とダブル(6600円)の2種類で展開され、シングルは長さ210cm×左右152cm(寝袋時は76cm)、ダブルは長さ210cm×左右191cm(寝袋時は95.5cm)。どちらも布団を入れた状態で収納ができる、専用のキャリーバッグが付属します。

毎日使っている掛け布団がそのまま寝袋になる「フトンキャンパー」。まるで自宅の布団で寝ているかのような安心感で、慣れないキャンプの地でもぐっすりと眠れそうですね。

>> DOD「フトンキャンパー S」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ぬくぬくで広々!モンベルのダウンシュラフで冬キャンプの睡眠が快眠に変わりました
◆シュラフなのに手足を出せるから着たまま移動できるぞ!?
◆重ねる寝袋システムで快適温度を3℃から-12℃まで変えられるぞ!?

関連記事(外部サイト)