藤原ヒロシの手掛けるブランドと「Powerbeats Pro」がコラボ!

藤原ヒロシの手掛けるブランドと「Powerbeats Pro」がコラボ!

藤原ヒロシの手掛けるブランドと「Powerbeats Pro」がコラボ!の画像

「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ/以下、Beats)」といえば、2014年にAppleファミリーの一員となったオーディオブランドです。アメリカのヒップホップ界での影響力が大きいラッパーで音楽プロデューサーのDr. DreがJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)とともに設立し、世界の音楽ファンの支持を得ています。

そんなBeatsが、ファッションデザイナーでミュージシャンの藤原ヒロシの手掛けるブランド「fragment design(フラグメントデザイン)」とコラボレーションした商品を発表。それが、完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Proスペシャルエディション」(2万4800円/税別)です。Apple Online Storeや、GOD SELECTION XXX FLAGSHIP STORE HARAJUKU、Dover Street Market Ginzaなどで販売されています。

藤原ヒロシと言えば、1980年代にはDJとして日本のクラブカルチャーの黎明期を支え、90年代には裏原宿などのストリートカルチャーを作り上げた人物として知られています。

Beatsとのコラボレーションによる公式の製品リリースは、2014年以来、今回で2回目。無駄を削ぎ落とすことで、最もシンプルで美しい形を追求するという藤原氏のデザインへの取り組みに、Beatsが敬意を表して実現したそうです。

製品はブラックを基調とした洗練されたデザインで、カラーはFragment Design Blackの1色のみ。片方のイヤーバッドにはfragmentのアイコニックな稲妻のモチーフを配置し、もう片方にはfragmentのブランドネームをあしらっています。

充電ケースもブラックをベースにしたオリジナル仕様となっており、稲妻のモチーフをレイアウト。パッケージには同じデザインのデカールが同梱されています。

製品の性能や音質も充実しています。耐汗・耐水仕様の完全ワイヤレスで、歪みの大幅な低減と広いダイナミックレンジにより、パワフルなアコースティック・レスポンスを実現しています。

イヤーフックは調整可能で、イヤーチップは4つのサイズから選択可能。人間工学に基づいた設計で快適なつけ心地を実現しています。また、左右どちらのイヤーバッドでも音量調整とトラック切り替え可能です。音声だけを拾って外部のノイズを除去する機能が付いているため、音楽鑑賞だけでなく通話時にも便利です。

再生時間は最大9時間。わずか5分の充電で1.5時間の再生、15分の充電で4.5時間の再生が可能となっています。また、ケースから本体を出すと自動的にイヤホンの電源がオンになり、ケースにしまうとオフになり充電される仕組みです。操作・使用をしない時は自動的にスリープモードになるため、無駄な電力を使いません。

日米の文化を作り上げた両巨頭のコラボした完全ワイヤレスイヤホン、一度試してみてはいかがでしょうか。

>> Beats

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Beatsのニューモデルが5000円台ってハイコスパだね!?
◆連続9時間再生。フィット感・軽さ・音質、欲しいもの全て備えたBeatsのワイヤレスイヤホン?
◆最大50時間再生で安心!アンダーアーマーとJBLのコラボモデル?

関連記事(外部サイト)