「ナイキ エア フォース 1」がサステナブル仕様へとアップデート!

「ナイキ エア フォース 1」がサステナブル仕様へとアップデート!

「ナイキ エア フォース 1」がサステナブル仕様へとアップデート!の画像

“Nike Air”を搭載した初のバスケットボールシューズとして1982年に登場したナイキ エア フォース 1。当時、NBAでモーゼス・マローンらが愛用したことで人気に火が付きました。その人気はスポーツだけに留まらず、ヒップホップなどアンダーグラウンドカルチャーでは欠かせない存在になるなど、時代を超えたマスターピースのひとつです。

そんなナイキ エア フォース 1の最新モデルが、リサイクル素材を使用したサステナブル仕様の“ナイキ リサイクル ジャージー パック”から登場。それが「ナイキ エア フォース 1 ‘07 LV8 M2Z2」です。

アッパー全体にリサイクル合成皮革を採用し、サイドパネルからヒールにかけてはリサイクルフェルトを使用するなど、クラシックなデザインとリサイクル素材を組み合わせることで新鮮なスタイルへと仕上げられています! ナイキ エア フォース 1ならではなシンプルフォルムやディテールはそのままに、総重量の20%以上にリサイクル素材を使用しているのがポイントです!

 

■いつもの鉄板デザインでサステナブル化!

アッパーはリサイクル合成皮革と100%リサイクルフェルトのサイドパネルで構成し、リサイクル素材を20%以上使用しています。

サイドパネルには100%リサイクルフェルトを使用。ブラックやグレー、ホワイトの繊維がランダムに混じり合って、ナチュラルな雰囲気を醸し出しています。グラデーションがかったスウッシュロゴも特徴的です。

シュータンにも100%リサイクルフェルトを採用。ナイキのブランドロゴ刺しゅうはポップで艶やかなパステルグリーンでアクセントに。

ソールユニットは、回収されたシューズのリサイクル素材で形成された“Nike Grindラバー”を使用。ツブツブが混じり合ったようなルックスが、サステナブル感をより一層アピール!
*  *  *
ブラックを主体にした重厚感溢れるルックスで、大人カジュアルに合わせやすい一足と言えますね! スタイリッシュなデザインにもかかわらず、しっかりと環境にも配慮されいます。またサステナブルな製品にド定番を投入して来るあたりも、抜かりが無いですね。

ナイキ
「ナイキ エア フォース 1 ‘07 LV8 M2Z2」(1万2100円)

>> NIKE

<取材・文/本間 新>

本間 新|エディター/ライター。ファッションを中心にさまざまな雑誌やWEB媒体で活動。中でもスニーカーに特化し、年間400本以上ものスニーカー関連記事を制作している。アメ車やエアガンにも強い。Instagram

 

 

【関連記事】

◆GORE-TEX仕様の「ナイキ ペガサス トレイル 2」で山も街も快適に!
◆3Mのリフレクターがガッツリ付いてキラッと光る「ナイキ リアクト ビジョン」
◆レース&トレーニング、どちらもイケちゃうナイキ“厚底”最新モデル!

関連記事(外部サイト)

×