どこにでも貼り付けできる付箋っぽいけど、実はこれホワイトボードなんです

どこにでも貼り付けできる付箋っぽいけど、実はこれホワイトボードなんです

どこにでも貼り付けできる付箋っぽいけど、実はこれホワイトボードなんですの画像

新しい生活様式により働き方のスタイルは大きく影響を受けています。オンライン会議やウェビナー、学校のオンライン授業などが増える中で、説明やコミュニケーションに役立つ道具として見直されているのがホワイトボードです。そのため、ホワイトボードのように使えるオンラインツールも多く登場しています。しかし、画面共有などの操作に慣れていなかったり、ツールの起動に手間取ったりすることもあります。そういうときは、リアルなホワイトボード状のグッズを使用するほうが簡単だったりします。

そこでおすすめなのが、スリーエム ジャパンから発売中の「ポスト・イット 油性ペンも使えるホワイトボードフィルム」(8600円〜)です。ホワイトボードとして使用したいサイズに自由にカットでき、どこにでも貼り付け可能で、即席のホワイトボードを作れるシートです。

この製品の特徴は大きくふたつあります。ひとつ目は、ホワイトボード用マーカーだけでなく、油性ペンでも書いて消せるという点です。通常のホワイトボードは、油性ペンで書いた文字は消せませんが、このホワイトボードフィルムの場合は、水をかけて消すことができます。

この機能により、消す機会の少ない表組みなどのテンプレートは油性ペンを用い、頻繁に消す文字はホワイトボード用マーカーを利用する、といった使い方ができます。ホワイトボード用マーカーで書いた文字を消したいときはイレーサーで、油性ペンで書いた文字や線などは、水をスプレーで吹きかけるだけで簡単に消せます。

ふたつ目の特徴は、使用場所を選ばないという点です。これまでホワイトボードというと、脚付きのものや吊り下げ式タイプなど、設置場所が限られるものが多くありました。しかし、この製品はフィルムなので、必要なスペースの壁面さえあれば貼り付けて使用できます。

ポスト・イットの名のとおり、特殊粘着材により、きれいにはがせるため賃貸オフィスや自宅での使用も簡単です。また、カッターやハサミで切れるため、使用サイズも自由です。

なお、製品価格はフィルムの大きさで変わり、サイズは0.9m×0.6m(8600円/税別)、1.2m×0.9m(1万5200円/税別)、1.8m×1.2m(2万6200円/税別)、2.4m×1.2m(3万3200円/税別)の全4種類です。

ホワイトボードフィルムには、油性ペンを消すための水を入れるスプレーボトル、そしてホワイトボード用マーカーを消すイレーサーが付いてきます。実はホワイトボードの機能を持つ、白くて巨大なポスト・イット 製品を一度試してみませんか?

>> ポスト・イット ブランド

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆年月週の組み合わせ自由!しかもこれ、ホワイトボードなんです!?
◆見た目はノート、これ実はホワイトボードなんです?
◆手書きの良さを活かす!持ち歩くホワイトボードがさらに進化?

関連記事(外部サイト)