サブ3.5を目指す人!MIZUNO ENERZYが走りをサポートしてくれますよ

サブ3.5を目指す人!MIZUNO ENERZYが走りをサポートしてくれますよ

サブ3.5を目指す人!MIZUNO ENERZYが走りをサポートしてくれますよの画像

フルマラソン(42.195km)完走に成功したランナーの次なる目標にしてかなりの難関といえるのが“SUB3.5(サブ3.5/フルマラソン完走3時間30分)”のクリア。タイムを縮めるためには日頃の練習メニューだけでなく、快適な走りとスピードを実現するためのシューズ選びも重要なポイントになります。

2月中旬(予定)にMIZUNOより発売が開始される「WAVE AERO 19(ウエーブエアロナインティーン)」は、前モデルから一層の軽量化と機能性の向上が図られた最新のランニングシューズ。サブ3.5を目指すランナーやスピード練習を求めるランナーにとって、まさに理想の一足となりそうです。

「WAVE AERO 19」(1万4850円)は、ミズノシューズの基幹機能である「ミズノウエーブ」の改良に加え、従来のソール素材との比較で柔らかさが約17%、反発性が約15%向上した独自開発の新素材「MIZUNO ENERGY」を踵部に搭載。

横方向に伸縮し、縦方向には伸びにくい「ウーブンアッパー」がスムーズかつ柔らかい足入れ感を、さらに「アナトミカルカップインソール」が足との高いフィット感を作り出します。

また、伸び止めを前足部の両側と後足部内側にそれぞれ配したことで、靴内部での“遊び” による走行時のパワーロスを防止。レーシングタイプのミッドソールが、前方向への力強い推進力をアシストします。

アッパーとシュータンが一体化され、前作「WAVE PRO 18」よりも約10g軽い約215g(サイズ27.0cm)を達成。軽快な足の運びを物理的に行いやすくするとともに、長距離走での確固たるアドバンテージを足元からストレートに体感できます。

シューズカラーとサイズ(全てハーフ刻みで展開)は、「ユニセックス」がレッド×レッド×ホワイト/22.5〜29.0cm、メンズ用「WAVE AERO 19 WIDE」がブラック×ブラック×ホワイト/24.5〜29.0cm、「ウィメンズ」はブルー×ブルー×ホワイト/22.5〜25.5cmとなります。

積み重ねた練習と、その成果をいかんなく発揮する機能性と軽量性を兼ね備えた「WAVE AERO 19」で“サブ3.5”を目指してみてはいかが? もちろん、快適な走りを体感したいライトなランニング好きの方にもオススメです。

>> MIZUNO「WAVE AERO 19」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ちゃんと走りたい人に!新素材 “MIZUNO ENERZY”が走りの質を高めてくれるぞ?
◆アメリカ生まれの幅広シューズでランニングを快適に!
◆エントリーからサブ4狙いまで!NBでオシャレに走ろう

関連記事(外部サイト)