80年代のレトロテイストに新鮮さも感じられるニューバランス「237」

80年代のレトロテイストに新鮮さも感じられるニューバランス「237」

80年代のレトロテイストに新鮮さも感じられるニューバランス「237」の画像

ニューバランスから、1980年代の人気モデルから着想を得たレトロなスニーカーが新登場。“パッチワーク”をコンセプトに多彩に配されたプレッピーカラーは、春のコーディネートを足元から華やかに彩ってくれそう。

2020年発売するや否や、瞬く間に人気モデルとなった「327」に続き、2021年にデビューした新モデル「237」(9790円)。80年代に登場したアーカイブモデル「420」「1300」「Gator」からインスピレーションを受けた一足で、レトロな雰囲気でありながら、新鮮さを感じさせる現代的なデザインに仕上がっています。

1982年に発売された「420」は、全体のパフォーマンス・フィット性・履き心地の良さから、著名なランニング誌で評価されたランニングシューズ。「237」ではその軽量性や、細身で美しいシルエットが生かされています。

1985年発売の「1300」は、“エンキャップ”を初搭載し、高い安定性とクッション性を融合させた一足。「237」では足の甲部分のアシンメトリーなディティールが生かされています。

さらに、グリップ・屈曲性・軽量性を強化した1982年発売の「Gator」からは、かかとのパーツとマットガードのディティールが生かされているそう。

そのほか、異素材を組み合わせたアッパー、切りっぱなしのタン、巻き上がりのソール、切り込みのアイレットや、ビッグな “Nロゴ” など、80年代を彷彿とさせるこだわりが満載。遊び心溢れるカラーリングは、コーディネートを明るく彩ってくれます。

カラーラインナップは、ネイビーとグリーンの2色。22.5〜29.0cmとサイズ展開も豊富なので、カップルでお揃いのコーディネートを楽しむのもおすすめです。

>> ニューバランス

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ニューバランスを代表する「574」に90年代アウトドア要素をプラス!
◆モグラをイメージしたニューバランスってなんか斬新!?
◆ゴツ過ぎないアウトドアディテールが街に映えるニューバランス

関連記事(外部サイト)