スマートキーまで携帯できるミニ財布でミニマリストを目指そう

スマートキーまで携帯できるミニ財布でミニマリストを目指そう

スマートキーまで携帯できるミニ財布でミニマリストを目指そうの画像

サイズがコンパクトなミニ財布は、持ち運びやすく便利です。多くのミニ財布が、収納力とサイズのコンパクトさを両立できるよう、さまざまな構造上の工夫を凝らしています。しかし、出かける時に必要なものはお金だけとは限りません。家の鍵や電車に乗るためのICカードが必要になったり、車を運転する場合はスマートキーや免許証も持ち歩く必要があります。

そうした小物まで収納できるミニ財布が登場。それが、東京の革工房、Studio Y Creationのオリジナルブランド、...toから発売の「Onthis2(オンディスツー )」(1万3300円〜 2月9日現在)です。

「Onthis2」のコンセプトは、「大人の外出はこれだけ」「必要なものがすべて入る」というもの。縦横の長さは交通系ICカードとほぼ同サイズにもかかわらず、カード12枚、紙幣10枚、小銭12枚ほどを収納可能。収納部分はL字ファスナーで大きく開くため、小銭が取り出しやすくなっています。紙幣は、横からスライドして出し入れ可能な点も便利です。

また、鍵を収納する部分には、家の鍵だけでなく、車のスマートキーを取り付けられます。スマートキーを取り付ける部分は、ボールチェーンでとなっており、着脱の際に爪に負担をかけずに済みます。ネイルをしている女性も扱いやすくなっています。

ファスナーはリングスライダーとなっているため、リング部分に指を通して携帯することで財布自体を忘れにくく、両手が使え、ファスナー部分も開きやすくなっています。

もちろん機能だけでなく、素材にもこだわっています。環境に配慮した植物タンニンなめしの革「MAYA」を贅沢に使用しています。革の裏地にもこだわっており、抗菌・防臭加工された裏地となっており、細菌の増殖を抑制します。また、裏地を使用することで革の厚みを軽減し、財布自体の軽量化にも役立っています。

カラーバリエーションは、ブルー、グリーン、イエロー、ピーチ、チョコ、ブラックの全6色。革製品独特のエイジングにより、使い込むほどに深みのある色と艶を楽しめるようになっています。変化の度合いは環境や遣い方によって大きく変わります。

スマートキーまで携帯できるミニ財布であれば、この財布を持ち出すだけでOKという最強のお出かけ用財布を実現できます。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆小銭入れ、お札入れ、カードケースの3つが自由に分離・合体できるミニ財布?
◆仕分けが苦手ならミニ財布もざっくり収納でいいんじゃない??
◆よく考えられてる!ミニ財布と長財布のいいとこ取り?

関連記事(外部サイト)