渡し箸はしたくない。でも箸置きは面倒。だったら「浮く」箸を使ってみる?

渡し箸はしたくない。でも箸置きは面倒。だったら「浮く」箸を使ってみる?

渡し箸はしたくない。でも箸置きは面倒。だったら「浮く」箸を使ってみる?の画像

食事の途中でつい食器の上に箸を置いてしまうことありませんか? これは“渡し箸”といって実はマナー違反なんです。とはいえ、日々の食卓に毎回箸置きを出すのはちょっと面倒。でもテーブルに直接触れるのは嫌…。だったら置いても下に触れない箸にすればいいかも。

アッシュコンセプトのオリジナルブランド「+d(プラスディー)」のロングセラー「UKI HASHI(ウキハシ)」に、待望の木製バージョン「木の浮き箸」(3000円/税別)が登場。材料を無駄なく使用する特別な積層技術を施し、天然樺材を用いて成形された、先端が浮き上がった形状の箸です。

確かにこの形なら、箸を揃えて置くだけで先端が浮き上がるので、テーブルに直接触れることなく衛生的。美しい所作を、箸置きがなくても自然に体現できます。

注目は、木材を積層して成形する特殊な技法。薄くスライスした木材シートを約30枚重ねることで、優しい質感と手当たりのよさを保ちつつ、長く使える強度を保持。材料を無駄なく使用する、環境に配慮した製造技術が盛り込まれています。

カラーは墨と朱の2色展開で、サイズは約W18×D222×H12mm 。ふたつを組み合わせれば、「夫婦箸」としてギフトにも。新婚のお祝いやご両親へのプレゼントにすると喜ばれるかも。食卓での日常使いはもちろん、高級感溢れる豊かな質感で、おもてなしの席でも大活躍。特別な日を美しく彩ります。

箸置きがいらないので気軽に使えて、美しい所作が自然と身につく「木の浮き箸」。おうち時間が長くなっている今だからこそ、古くから伝わる奥深い食文化にほんの少し意識を傾けてみてはいかがでしょうか。

>> +d「箸」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆食後はポリポリ!話題の「食べられるお箸」は食物繊維たっぷりのヘルシー食だった?
◆新年にお箸を新調するなら、不思議な“らせん”型?
◆自炊が劇的にラクになる技アリキッチンアイテム5選?

関連記事(外部サイト)