40年の時を経て最新スタイルで生まれ変わったオニツカのヘリテージモデル

40年の時を経て最新スタイルで生まれ変わったオニツカのヘリテージモデル

40年の時を経て最新スタイルで生まれ変わったオニツカのヘリテージモデルの画像

オニツカタイガーの「モンスターピース(MP)シリーズ」にニューモデルがラインナップ。1981年にリリースされたヘリテージモデルを現代的にアップデートした「ULTIMATE 81 MP」(2万2000円)は、幅広いアクティビティに対応するスペックを持ちながらも、無駄を削ぎ落したミニマルなルックスでファッションアイテムとしても活躍。街歩きからランニングまで履き回せる新モデルです。

1981年にリリースされた「ULTIMATE」は、“究極”という名の通り、当時のテクノロジーを集結して作られたハイスペックなモデル。その登場40周年を記念して、高い機能性とファッション性を両立させる“モンスターピース”シリーズよりリリースされた新モデルが「ULTIMATE 81 MP」です。オリジナルデザインの魅力を継承しつつ、現代的なスタイルにアップデートしています。

まず注目したいのが、「FLYTEFOAM(フライトフォーム)」と「FLYTEFOAM Propel(フライトフォーム プロペル)」を重ね合わせた独自開発素材の2層ミッドソール。クッション性と反発性、そして軽量性に優れたこのミッドソールは、デザインにもアクセントを加えています。

見た目も軽やかなメッシュアッパーは高い通気性も魅力。またインソールには、高いクッション性と通気性を誇る「OrthoLite(オーソライト)」中敷を採用し、ソールにも通気溝を設けているので、シューズ内の熱を逃がし、蒸れにくいつくりとなっています。

また、昨シーズンより展開している、ランニングシューズをベースにした「REBILAC RUNNER」とバスケットボールシューズをベースにした「FABRE」の、ふたつのヘリテージモデルをハイスペックスニーカーとして昇華させた「REBILAC RUNNER MP」と「FABRE MP」にも新色がラインナップ。

見た目も機能も妥協しない、オニツカタイガーらしいシューズは、幅広いシーンで大活躍してくれます。

>> オニツカタイガー「モンスターピースシリーズ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆足袋じゃないよ!オニツカタイガーらしい洒脱な太極拳シューズなんです
◆ぽてっと感と絶妙なゆるさが心地良い「810s」の新作登場
◆オニツカの名作「DELEGATION EX」がコルクとスエードを纏って大人な一足に!

関連記事(外部サイト)